オサガメって!?世界最大の大きさを誇るウミガメの生態に迫る!

世界最大級のウミガメと評されるオサガメ(長亀)。その体長は大きいものでなんと約3メートルにもなります。インド洋や大西洋など世界中でオサガメは生息していますが、現在では様々な問題により絶滅の危機を迎えています。そんなオサガメの生態や特徴をご紹介していきます。

この記事をかいた人

自然科学を愛する主婦です。自然に囲まれた田舎に暮らしており、家族でウッドデッキを自作してBBQや燻製に挑戦しています。庭では家庭菜園をはじめ庭木の剪定など大忙しです。庭に野鳥を呼ぼう計画もスタートさせました!夫と1歳の娘、2羽の文鳥(白文鳥、ごま塩文鳥)と毎日楽しく暮らしています。

世界最大の大きさを誇るオサガメ

オサガメはカメ目ーオサガメ科ーオサガメ属に属するウミガメの一種です。ウミガメの中では世界最大のサイズを誇り、現在生存しているウミガメの中では唯一、オサガメ属に分類されています。

その特徴は何といってもその規格外の大きさと歴史です。白亜紀後期の地層からも化石が見つかっていて、何と恐竜の絶滅期を乗り越え、1億年もの長い間、姿を変えず地球のこの広い海を舞台に生き抜いてきました。ここではそんな生命のロマンを感じさせてくれるオサガメのその姿についてお伝えします。

世界で一番大きなウミガメ

成体で体長は2メートル、体重は600キロを優に超えます。現在までに記録されている中での最大値は、1988年にウェールズ地方に打ち上げられたオスの個体で、なんと体長は2.6m、体重916kgです。

世界最大のサメはメガマウスと呼ばれるサメです。詳しく知りたい方はこちら。

ゴムのような弾力ある甲羅

2つ目の特徴はゴムのような弾力を持つ甲羅です。一般的なウミガメが持つ固い甲羅は持たず、皮膚からなる黒いゴムのような滑らかな甲羅で、触った感触はイルカの皮膚のようだといわれています。

この甲羅には頭から尻尾に向かって隆起した7本の筋状の盛り上がりがあり、これが水の抵抗を減らすのに一役買っています。また、甲羅全体にピンクや白色の斑点があり、メスに限って頭頂部にもピンクの斑点を持ちます。

口の中がすごい

3つ目の衝撃的な特徴が口の中の構造です。口から食道にかけてトゲのような突起がびっしりと生えています。一見、このオサガメに噛みつかれるとひとたまりもないように思いますが、実はこの突起はシリコンのブラシの様に柔らかく、人が触っても怪我をするようなことはありません。

浦島太郎を竜宮城に連れて行ったのはオサガメ?

昔々、浦島は助けたカメに連れられて、なんていう歌の残る浦島太郎の伝説ですが、浦島太郎を乗せて竜宮城に連れて行ったのはオサガメかもしれない?なんていう説もあります。はるか昔、日本の海が今よりももっと豊かだったときは彼らは日本の砂浜に頻繁に産卵にやってきていたのかもしれません。

オサガメはどうやって生活しているのか

規格外とも言えるほどの大きさを誇るオサガメは一体何を食べてこの巨体を維持し、どのように大海原を泳ぎながら生活し、一億年という気の遠くなるような長い年月を海で生き抜いてきたのでしょうか。

食べ物はクラゲ

この世のものとは思えないような見た目をした口の中でしたが、なぜこのような形状になったのでしょうか。それは、クラゲを捕食するためです。海水と一緒にクラゲを口に含んだ際に、櫛のように濾して海水だけを吐き出し、この突起でクラゲを引き裂くことで効率よく消化するためだと考察されています。

海の深いところまで潜ることができる

NEXT 海の深いところまで潜ることができる