ケンサキイカとは?釣り方のコツや美味しい料理レシピをご紹介!見分け方も!

ケンサキイカ釣りの仕掛けとタックル

ケンサキイカはライトエギング感覚で楽しめますので、他の釣竿との併用も可能です。張りがあり、竿先の細いロッドがよいでしょう。リールも軽めの2000番代をおすすめします。スッテは2.0~2.5号を基準に、気候や潮の状況に応じて最適な物を選びましょう。

初めてエギングを開始するという人は、この機会にエギング専用のロッドを購入することもおすすめです。軽くて疲れにくいうえに汎用性が高く、他との流用も可能なので損にはなりません。軽めのスッテを海底へ落とす必要があるため、ガイドの抜けがよい物がおすすめです。

新鮮なまま持ち帰る方法

せっかく釣り上げた新鮮なケンサキイカなので、できるだけ鮮度のよい状態で持ち帰りましょう。できるだけ簡単な方法をご紹介します。しっかりと鮮度を保って、思う存分美味しいケンサキイカを味わい尽くしましょう。

すぐにシメる

ケンサキイカを釣り上げたらすぐに墨を吐かせ、ザルやバケツに入れて窒息死させます。すぐに次のイカが釣れる可能性があるので、手早く処理しシメましょう。ある程度釣れたら海水で洗い、まとめてジップロックに入れます。墨袋が破れる可能性があるので、イカ同士が重ならないようにして下さい。密封した状態で、クーラーボックスへ入れます。

クーラーボックスで保冷する

ケンサキイカは温めると一気に鮮度が落ちるため、クーラーボックスには十分な量の氷を入れてしっかり冷やしましょう。クーラー内でも、なるべく詰め過ぎないようにして下さい。また、クーラー内ではイカを氷や真水に触れさせないように注意して下さい。真水に触れることも、劣化の原因となります。イカと氷の間にタオルなどを挟むとよいです。

ケンサキイカのさばき方

それでは早速、釣り上げたケンサキイカをさばいていきましょう。実はとても簡単で、慣れてくるとあっという間に処理できるようになります。一度覚えてしまえば、釣ったその場で新鮮なお刺身などを楽しむこともできます。

内蔵などを取り出す

目の上部にある首のような部分を持って下に引っ張ると接合部が見えるので、指先で結合部を剥がします。筒を片手に持ったまま、目の上の部分をゆっくり引っ張って、筒の中から内臓を取り出しましょう。

内臓の処理方法

取り出した内臓に墨袋が付いているので、取り除きます。目が付いている面の反対側に墨を吹き出す部分があるので、内臓に向かって辿っていくと付いています。墨袋を破らないように十分気を付けて引き剥がして下さい。

NEXT ゲソ部分の処理方法