電気ウキのおすすめ20選をご紹介!種類や選び方も解説!

目次

電気ウキのおすすめ20選|冨士灯器 FF-12Ⅱ

冨士灯器 FF-12Ⅱ 超高輝度 2点発光電気ウキ 1号

Amazonで見る

先述で触れた富士灯器の別製品モデルで、発光性能と形状どちらも全く違う商品なので、上記のものと使い分ける人も多いようです。視認性なども異なるため、スペックや魅力は注目ポイントかもしれません。

冨士灯器 FF-12Ⅱの特徴と魅力

最大の魅力は、先述のアイテムよりも視認性に長ける点です。高輝度タイプのLEDを備えている点はもちろんこと、2点で発光するタイプとなりより視認性を高めていることが特徴です。夜釣りで見逃すことはまずありえないでしょう。

さらに、形状が細長い形をしているので非常に遠投向きのウキと評判も高いです。遠投の夜釣りを考えている人であれば、重さや形状を気にする人も多いでしょうが、このツールであれば広く対応力を発揮してくれます。

冨士灯器 FF-12Ⅱのスペック

スペックですが、こちらもFF-12モデルのサイズは高さ180ミリで径は16ミリ程度になります。重さは7.6グラムと非常に軽量です。同シリーズで型違いがあり、最大で328ミリの大きなものもあります。7時間という持続時間を持ち、夜釣り一日分は十分に備えられるものとなります。

電気ウキのおすすめ20選|冨士灯器 FF-3 LG

冨士灯器 FF-N30LG 涙型自立電気ウキ 3号 緑

Amazonで見る

3つ目に紹介商品は、同じく富士メーカー製品です。こちらも遠投用におすすめの種類になりますが、これまで紹介した2つの製品とは違った特徴を持っています。夜釣りに欠かせないアイテムではありますが、コスパも気になる方にもおすすめできる商品となっているようです。

冨士灯器 FF-3 LGの特徴と魅力

この製品の特長は、搭載されている超光輝度LEDにより視認性を高めている点とコストパフォーマンスに優れている点です。調光輝度LEDにより、遠投後の着水地点でも見失うことは少なく、遠投には最適なツールとして大変評価が高いです。

また、コスパに優れている点も非常にうれしいとの声が上がっています。夜釣りというシーンも関係して、ウキはなくなることも非常に多く、そういった面も合わせて代えのコストがかかってしまうことはあります。なので、コストをできる限り抑えたい人にはおすすめとの声が多いようです。

冨士灯器 FF-3 LGのスペック

視認性の非常に高いウキですが、こちらのスペックは長さ108ミリで径が15ミリ、重さは5.2グラムと決して大き過ぎるわけではありません。また、電池持続時間も長く15時間持つので海面の活躍は非常に大きいものでしょう。

電気ウキのおすすめ20選|ルミカ チャップオン 1号 グリーン

ルミカ(日本化学発光) チャップオン 1号 グリーン

Amazonで見る

次に紹介するのは、ルミカと呼ばれるメーカーの個性的な技術が搭載されているツールになります。世界最小クラスと呼べれるウキでもあり、ウキの中でも個性的な部類になるので、実用面だけでなく面白アイテムとして持っておくのもいいかもしれません。

NEXT ルミカ チャップオン 1号 グリーンの特徴と魅力