ヒイカ(ジンドウイカ)はそのまま食べれる?料理や釣り方を紹介します

リール・ライン

ヒイカ釣りオススメのリールの番手は2000~2500番です。ほどほどの重さで、操作がしやすいのがメリットです。100mほど巻ける浅溝タイプのものを選ぶと良いでしょう。また、フロロカーボンもしくは、ナイロン製の3~4lbのラインを選びましょう。

ヒイカ釣りに必要な道具②

疑似餌(エギ)

エギとは、お尻部分に返しのない放射状の針が付いていて、エビの形を真似した造りになっているものです。ヒイカは小さいので、大きなエギを使っても食いつかないです。ヒイカには、2.0以下のエギがオススメです。ちなみに、アオリイカ用の小さなエギでも代用は可能です。また、エギには派手なオレンジやピンク系、地味な茶色など、ナチュラルな中間系に分かれて様々なカラーがあり、ヒイカの活性が高い時は派手系な色、活性が低い時は地味系な色を選びましょう。また、時期や海の状況により変わりますので、カラーを変えてチャレンジしてみましょう。

バケツ・ライト・網

その他に準備するものは、バケツ、ザル、ライト(ヘッドライトが便利)、網を用意していれば安心です。バケツには海水を入れておき、ヒイカが墨を吐き出し、真っ黒になった水を替える時用に、ヒイカを避けておくのに便利なザルも準備しておきましょう。

ヒイカの釣り方

①エギング

ヒイカの釣り方は2種類あります。まず一つ目は、疑似餌(エギ)を使ったエギング法というものです。日本では古くから利用されていて、現代では、たくさんの種類のエギもあることから、ヒイカ釣りの主流となっています。

②エサ釣り

二つ目は、小さいヒイカが食いつきやすい、生餌の小さなエビ(モエビなど)を使う方法があります。釣り具店で購入出来ますが、取り扱っている店が少ないので、前もってリサーチしておきましょう。また、モエビが弱らないようにエアポンプ付きのバケツも用意しておきましょう。

エギのキャスト方法

ヒイカ釣りに必要なエギング初心者の方は、こちらの動画で分かりやすく解説してくださっているので、是非ご覧下さい。最初はコツが掴みにくい事もあるかもしれませんが、すぐ出来るようになるので頑張ってみて下さいね。

エギと竿先からのたらしを60cm程取り、遠くに飛ばすイメージで放ちます。キャストした後、2~3回シャクって、沈むのを待ちます。さらに2~3回シャクって、待つ…を繰返します。待っている間にエギがフォールするので、10秒程待ちましょう。ヒイカは、エギが底に落ちている間に抱きつくことが多い習性があります。

ヒイカの旬な時期

ヒイカ釣りの旬な時期とは?

ヒイカは、11月~4月頃にかけて産卵時期なので、この秋~冬にかけてがヒイカ釣りのシーズンになります。産卵の為に、漁港付近を群れで移動しているので運が良いと大量に釣れる事もあります。特に12月~1月は、最も湾の奥に入ってくるので、より釣れやすくなりますのでオススメです。

NEXT ヒイカを美味しくいただける時期とは?