コウイカエギングを始めよう!仕掛けからアクションのコツまでご紹介!

コウイカエギング仕掛け①:スタンダード

まずは通常タイプのものをご紹介します。初めての方はこちらからトライしてみると良いです。必要な動作も少なく、特に技もないため簡単です。

スタンダードの仕掛けを紹介

PE0.8〜1.2号にリーダ−2号をつけて、スナップの先にエギをつけて泳がせ、シャクリなどの動作をする際、この仕掛けが一番簡単にできます。直接結ぶので動かしやすく、アタリもわかりやすいです。3〜3.5号程度ものを使用し必要なら早く沈ませるようにオモリを確認してつけましょう。

スタンダード仕掛けのアクション方法

基本的には仕掛けを投げた後 、ボトムまでエギを落としたら、ロッドをぐいっと上に動かしてしゃくります。沈めている間にアタリがあるので、ラインをしっかり張った状態で落とすとよりわかりやすくなります。

スタンダード仕掛けのメリット・デメリット

何と言っても難しい知識がなく仕掛けを作ることができるので、初心者向きです。やったことのない方はまずはこの方法から試してみると良いです。デメリットは、ボトムを狙ってしゃくった時に根がかりすることが多いので十分に注意しましょう。

コウイカエギング仕掛け②:ダウンショットリグ

主にバス釣りなどで人気の仕掛けですが、エギングにも対応できます。イカはとにかくボトムでじっと獲物を待ちわびているので底にずるずると引きづるように動かしていく仕掛けで反応が出やすくなります。どのように作るのかご紹介します。

ダウンショットリグの仕掛けを紹介

一般的な仕掛けとは異なり、PE0.8〜1.2号に2号のリーダーをつけて、途中サルカンをつけリーダーを分岐、エギとシンカーをそれぞれつけます。この仕掛けは、針が根掛かりしにくくなるため、ボトムを引きずるようなアクションをするときに有効的です。

ダウンショットリグのアクション方法

仕掛けを投げて、ボトムに落としたら、竿先をチョンチョンと細かく動かすのが基本動作でワームが泳いでいるかのように演出させて魚を引き寄せます。上級者の中ではわざと根がかりさせてゆらゆらワームを動かすテクニックもあります。

ダウンショットリグのメリット・デメリット

ピンポイントでそこに潜んでいる魚にアピールできます。またズル引きして、万が一根がかりさせてしまっても、オモリだけが切れるのが利点です。デメリットは投げた時に多少リーダーに仕掛けが絡んでしまう時があり、エギと道糸を間接的につけてるため動作を出すのが難しく、少ししゃくりの技術が必要となります。

NEXT コウイカエギング仕掛け③:キャロライナリグ