ロイコクロリディウムは世を震撼させた摩訶不思議な寄生虫?ロイコクロディウムに迫る!

ロイコクロリディウムがカタツムリに寄生するとどうなる?

宿る相手と一緒になり、この生体はどのような過程で成長していくのでしょうか。続いては、宿る部分から成長していくまでの過程を細かく説明していきますので、ぜひ参考にしてください。過程を知ると恐ろしい事実も判明します。

ロイコクロリディウムはカタツムリの体内で成長!

この生体と一緒になった害虫は、体内でこっそりと成長していきます。孵化すると、徐々に体長を伸ばしていき、完全に成長するまでは宿った相手に何の影響も与えません。しかし、成長しきったとき宿った相手に影響を及ぼします。

ロイコクロリディウムは最後はカタツムリの触覚に移動?

この生体は、消化器官(腸管内)で孵化し、成長していきます。成長しきると、触覚に移動します。宿った相手の触覚は透明に近く、この生体の先端は鮮やかな色になっているので、触覚に移動すると触覚が画像のような色になります。普段は無色ですが、この生体が宿ると緑やオレンジになります。

ロイコクロリディウムは鳥にアピールをする!

この生体の先端が鮮やかな色になっているのも理由があります。触覚の中に入り込んだ生体は、触覚の中を素早く移動することで鳥が普段エサとして食べているイモムシのように見せかけることができます。鳥は、この生体が宿った触覚をイモムシだと勘違いし捕食してしまうのです。

ロイコクロリディウムは食べられて鳥の体内に移動

この生体が、イモムシのように見せかけ鳥が食べた後、鳥の体内に移動します。この生体の最終的な目的は鳥に捕食されることなのです。鳥に捕食してもらうために宿った相手を利用するということです。しかし、鳥には何も影響を及ぼしません。

ロイコクロリディウムは鶏の腸管内で卵を産む

この生体が鳥に食べられるために宿った相手を利用するのは、繁殖するためです。鳥に食べられたこの生体は、鳥の腸管内で卵を産みます。この生体は、1匹でも繁殖できる無性生殖が可能です。なので、他の仲間に出会えなくとも鳥の体内で繁殖できるのです。もちろんオスとメスがいればそれでも繁殖は可能です。

鳥のフンとして排出されたロイコクロリディウムの卵がカタツムリに食べられて・・

卵は鳥の体内では孵化することなく静かに対外へ排出されるのを待ちます。フンと共に体外へ排出されると、そのフンを宿る相手が食べる事で再びカタツムリの体内に戻ることができるのです。この一連の流れを永遠に繰り返すことにより、絶滅することなく生き延びていくのです。

ロイコクロリディウムが寄生したらカタツムリは死に至る?

宿られた生体は鳥に食べられることによって死に至ります。普段この生体は、天敵から身を守るために暗い場所を好みます。しかし、宿られてしまった生体は視界が悪くなり、明るい場所を好むようになります。その結果、鳥にも見つかりやすくなり死に至ってしまうのです。

この害虫が体に悪影響を及ぼし死に至るのではなく、鳥に食べられるから死に至るという考え方です。宿られても、鳥に見つからなければ死に至ることはありません、むしろ、鳥に食べてもらうためにこの害虫が生体の寿命を延ばすことがあるともいわれています。

NEXT ロイコクロリディウムはカタツムリから取り出すとどうなる?