ハゼ釣りの仕掛けとは?釣り方別に4種類の仕掛けそれぞれの特徴を紹介!

ハゼ釣り用仕掛け① 投げ釣り

続いて、投げ釣りをご紹介していきたいと思います。ちょい投げとどう違うの?と思われる方も多いかもしれません。ちょい投げが10m~20m程度の飛距離のイメージで、投げ釣りは大遠投も視野に入れて行うといった感覚です。道具もちょい投げとは変わってくるので、要チェックです。

ハゼ釣り用投げ釣り仕掛けの基本構成は?

ちょい投げは近場の河口や奥まった港でもできますが、投げの釣り場はひらけたサーフや堤防になるでしょう。それだけに、広域に仕掛けをキャストすることができるメリットがあり、同時に狙ったポイントに遠投するスキルも必要になってきます。構成はちょい投げと基本同じですが道糸の先に力糸を接続します。

投げ釣りで特に注目したいのは飛距離を伸ばすためのアイテム選びです。道糸、力糸を始めオモリもちょい投げ以上にヘビーになります。また、ここでは紹介できませんが投げ専用のタックルを揃える必要もあると思います。投げ釣りはキスやカレイなどがかかる可能性もあります。様々なターゲットを相手に楽しみましょう。

ハゼの釣り用投げ釣り仕掛けに必要なアイテムは?

それではさっそくアイテムについてご紹介していきたいと思います。ウキ釣りやちょい投げ以上に玄人好みになるのが投げ釣りです。投げ釣り特有のアイテムである力糸や、飛距離に大きな影響を及ぼす道糸、オモリなどおすすめ商品も交えてお話します。

ハゼの投げ釣り仕掛けアイテム① 道糸

東レ(TORAY) PEライン スーパーストロング PE 投 F4 200m 2号 11kg 4本 4色

Amazonで見る

道糸はPEがおすすめです。飛距離の出やすさと言えばPEライン。号数1~2号程度、容量は200mが主流でしょう。300mもあれば安心です。飛距離を測りやすいものがおすすめです。画像は東レスーパーストロングPE投げF4、マーキングと色分けで飛距離を測りやすいです。

ハゼの投げ釣り仕掛けアイテム② 力糸

ゴーセン(GOSEN) テーパーライン ちから糸(赤) 13m×5本巻き 3-12号 GT-462R

Amazonで見る

力糸は馴染みのない方も多いと思います。力糸は例えば3-12号15mというような表記がされており、その表記の通り3号から12号へと太さが徐々に変化しているテーパーラインです。道糸と同じ太さから太くなっていくものを選びましょう。ナイロン製が主流ですがPEも人気です。画像は、ゴーセンテーパーラインちから糸です。

ハゼの投げ釣り仕掛けアイテム③ テンビン

富士工業(FUJI KOGYO) KAISO天秤 2KO 25号

Amazonで見る

天秤はちょい投げとさほど変わりませんが、ジェット天秤に加え海草天秤もおすすめです。こちらもオモリと一体となった天秤で、ジェット天秤とは構造が違い、キャスト時により安定し飛距離が出ます。おすすめは富士工業海草天秤です。ジェット天秤でも売れ筋の有名メーカーです。

ハゼの投げ釣り仕掛けアイテム④ オモリ

ダイワ フロートシンカーW 25号 931557

Amazonで見る

20号~30号程度のものを選びましょう。重いほど飛距離が出ます。大事なのは竿との兼ね合いです。荷重を超えたアイテムを使用し続けると折れるというトラブルも起こりかねません。画像はダイワフロートシンカーWです。上部がフロート素材で海中で浮き上がります。

NEXT ハゼの投げ釣り仕掛けアイテム⑤ 各種仕掛け