深海魚って透明、ブサイク、光る!?不思議な写真や深海魚検定まで徹底リサーチ!

海遊館

最後は大阪の海遊館です。その生き物たちの生活している様子がわかるやすい行動展示をもっとも最初に行った水族館ともいえる世界的にも有名な水族館です。アリューシャン列島、パナマ湾、モンタレー湾など世界のそれぞれの地域の環境を再現しながらの展示を楽しむことができます。

日本海溝を再現した水槽も展示されておりタカアシガニを中心とした生き物を見ることができます。おすすめは何といっても大水槽の前で寝袋を広げて夜の生き物たちを観察しながら眠れるお泊りツアーです。お子さんがいる家庭はぜひ訪れてみてください。

実はみんな食べている!おいしい深海魚ベスト3

出典:PhotoAC

続いてはグルメの話題です。深海魚の見た目を知ってしまうとなんだか食べる気もなくなってしまいますが、実は私たちは日頃から深海魚を食べているんです。おいしい深海魚ベスト3をご紹介しましょう。

食用アンコウのほとんどを占める「キアンコウ」

出典:PhotoAC

冬のお鍋といえばアンコウ鍋でしょう。スーパーに並ぶアンコウのほとんどはこのキアンコウという種類の深海魚です。淡白でうまみのある白身とゼラチン質が豊富な皮や骨の部分は深海魚独特の特徴でしょう。

高級魚として有名な「ノドグロ」

出典:PhotoAC

テニスの錦織選手が日本に帰ったらノドグロを食べたい、と答えていた姿も記憶に新しいのではないでしょうか?最近ではすっかり有名になったノドグロですがこちらも正式名称をアカムツという深海魚の仲間なんです。

“キンキ”と呼ばれることも多い「キチジ」

出典:PhotoAC

北海道のほうでは特に高級魚として有名な「キンキ」は脂ののったその白身と上品なゼラチン質が一度食べたら忘れられないおいしさです。キンキ鍋なども有名です。こちらも実は深海魚。世紀式名称はキチジです。

図鑑で学ぶ!深海生物のナゾ

出典:PhotoAC

近年ではオオグソクムシなどをきっかけに、恐竜と並んで子供たちに人気なのが深海生物です。水族館で見たその姿から興味が膨らむ大人もたくさんいます。ここからはそんな生き物を学べるおすすめの図鑑をご紹介していきます。

どれがオススメ? 深海生物の図鑑

Free-Photos / Pixabay

図鑑と聞くとどれも同じような風に思いがちですが。実は出版社や図鑑の使用目的、対象年齢によって内容は実に様々なんです。それぞれの特徴がよく出ている図鑑を4つご紹介します。お気に入りの一冊を見つけてください!

子どもにオススメ①「学研の図鑑LIVE 深海生物」

【DVD付】深海生物 (学研の図鑑LIVE) 3歳~小学生向け 図鑑 (学研の図鑑LIVE(ライブ))

Amazonで見る

まずは子どもにおすすめのものから。学習教材で有名な学研からの図鑑です。200種類もの深海生物が詳細に記されており、BBC放送撮影の深海生物の映像もDVDで楽しむことができます。この図鑑をきっかけに様々な切り口で世界が広がるように工夫された作りになっています。

NEXT 子どもにオススメ②「小学館の図鑑NEO 魚」