ヒル(蛭)の実態に迫る!ヒル対策やヒルによる吸血治療にも注目!

吸血性のヒルは体内に入り込むことはないの?

ヒルは人の血を吸う事で周りから非難され続けています。怖がる人の中ではそのまま体の中に入って寄生してしまわないかと言う不安の声も挙げられています。しかし、ヒルは寄生虫とは少し違うので心配する必要はありません。

ヒルは体内では生きていけない

ヒルはtだ血を吸って生きているだけですから、体内にもし入ったとしても生きていく事は不可能なのです。吸血して満腹になるとすぐに離れるので心配は要りません。しかし、例外として過去に1人だけ鼻の奥にヒルが住み着いてしまい、鼻詰まりがずっと取れなかったという事例があります。

吸血性のヒルはどうやって血を吸うのか

ヒルは天気が良い日には枯葉の下などに身を潜め、獲物が近くに来たら地上に出てきます。獲物の皮膚に接近したらすぐにくっつき、血を吸い始めます。ヒルは獲物の動きや熱などを感じ取る能力を持っている生物です。

血液が凝固しない物質を出す

qimono / Pixabay

吸血性のヒルには血液が固まるのを阻害するヒルジンという物質を持っており、吸血する際に動物や人間側にその物質を流し込みます。一般的には1時間~2時間程の間は血が止まらない事が多いです。

ヒルはゆっくり血を吸う

ヒルは獲物に接近するまでは素早く行動しますが、血を吸う間は約1時間程ゆっくりと時間をかけて血を吸い続けます。吸血されてる側は気付く人は稀にいるかもしれませんが、ほとんどの人がヒルに吸血されてる事には気づく事はありません。

麻酔成分のような物質も同時に出している

qimono / Pixabay

ヒルはヒルジンの他にも麻酔成分に似たような物質も吸血する際に同時に出しながら吸血しています。これは獲物に吸血されている事を気づかれない為にあります。また、蚊も人間に吸血する際に麻酔成分を同時に出すので、吸血の仕方はヒルと似ています。

ヒルと毛虫はどちらの方が有害?

12019 / Pixabay

ヒルは外観が悪く血を吸うので人からあまり良いように思われていません。そして毛虫も見た目も気持ち悪く、ヒルと同じくらい多くの人に嫌われている虫です。どちらも害虫には変わりありませんが、違いが少しあります。

毛虫の方が有害率が高い

nuzree / Pixabay

まず、ヒルは血を吸って傷を負うくらいで、それ以外は特に害はありません。その反面毛虫は害がある虫が多く、毛の部分に少しでも触れたりすると痛痒くなり、数時間後には激しい痒みになってきます。動き方がヒルと似ているので、山へ行くときは間違って触らないように気を付けましょう。

NEXT 登山やキャンプでは吸血性のヒル対策をしよう!