カメラバッグおすすめ25選!間違いない選び方や人気ブランドも紹介

①Lowepro(ロープロ)

カメラバックといえばこのブランドですね。約50年前から、カメラを安全に運ぶためのバックについて、開発を重ねてきたロープロ。

カメラを大切に収納しつつ、運ぶ人への体の負担も考えた独自の製法は、多くのカメラマンから定評を得ています。

②PORTER(ポーター)

日本のカバンの会社と言えば、ポーターの名前をあげる人も多いのではないでしょうか。カバンをよく知るポーターから由来されて付けられたブランド名です。熟練の職人が作るカバンは、しっかりした製法で丈夫。

③HAKUBA(ハクバ)

様々な写真関係の商品を取り扱いしている会社です。カメラの周辺機器からフィルムなどの取り扱いしており、写真に関する豊富な知識を持ち、多くのカメラファンから支持されているこちらの会社から、カメラバックも展開されています。

④Vanguard(バンガード)

カメラのアクセサリなども取り扱いしている会社です。30年近く開発や製造に携わっているこちらの会社は、世界中の信頼を得るプロ仕様の商品を展開しています。

⑤Manfrotto(マンフロット)

イタリアでカメラや周辺機器の製造・販売をしている会社です。その昔記者としてカメラに携わってきた創業者は、機材の重さと扱いづらさに不満を持ちます。

記者時代の苦労から開発が始められ、70年代からいまに至るまで品質向上を繰り返しながら、カメラ機器会社の大手に上り詰めました。

カメラバッグのおすすめをタイプ別に紹介!

PatternPictures / Pixabay

カメラバックの選び方、人気のブランドについてご紹介させていただきましたが、ご自分に必要なバックはどんなタイプか、どこのブランドが良さそうなのか、思い描けてきたでしょうか?それでは、オススメのバックをタイプ別にご紹介いたします。

おすすめカメラバッグ①【ショルダーバッグ】5選

MabelAmber / Pixabay

肩や首から掛けられるショルダータイプは、手の位置にバックが来るので、急なシャッターチャンスにも機敏に反応が出来ますね。

大きな機材が不要な時は、カメラを直ぐに出し入れ出来るショルダータイプがオススメです。

①Lowepro ショルダーバッグ

Lowepro ショルダーバッグ ノバ 180AW 7.2L レインカバー ブラック 352560

Amazonで見る

レインカバーを付けたままの出し入れが可能

付属のレインカバーはバックに装着した状態でも、中身の出し入れが可能です。雨や埃を防ぎながら、快適に機材の取り出しが出来ます。

中には5つの仕切りがついており、厚めのクッションになっているので、大事な機材を衝撃からしっかり守れます。

スペック

  • サイズ: W28cm×H24cm×D22.5cm
  • 重量 : 約730g
  • 素材:ナイロン
NEXT ②PORTER   オプションカメラバッグ