オオハシは骨格が面白い鳥!その生態や種類を徹底解説!ペットとしても飼える?

鳥の知能はどれくらい?

alvaroas8a0 / Pixabay

オオハシに高い知能があるように、鳥類は総じて知能が高いことが知られています。中でもオウムやカラスは別格に賢いとされており、なんと人間の4~5歳児程度の知能があることがわかっています。

道具などを用いて問題を解決する姿勢をとることも確認されています。いったいなぜそれほど賢いのでしょうか?

脳の構造が人に似ている

GDJ / Pixabay

ヒトやチンパンジーといった霊長類の脳には橋核という領域があります。大脳皮質と小脳などの間の情報伝達を担っており、ほかの哺乳類などと比べても圧倒的な大きさがあります。

これが霊長類の賢さの理由の一つとされており、なんと鳥類もこれと似た領域SpMを持つことが明らかになりました。

オウムやカラスはSpMが大きい

LoggaWiggler / Pixabay

鳥類の中でもオウムやカラスはこのSpMと呼ばれる領域が大きいことも明らかとなりました。オオハシもクチバシを器用に使ったり、個人を識別する高い能力を持つことから、大きなSpMを持っているのかもしれませんね。

オオハシの生息地

Naturefreak / Pixabay

序盤で簡単に触れましたが、ここでは改めて彼らの生息地について説明します。南国の鳥であるというイメージ通り、彼らは暖かい森に暮らしていることが知られています。もう少し具体的に見てみましょう。

南米の鳥

stokpic / Pixabay

アルゼンチン、コスタリカ、ブラジルなどといった南米の熱帯雨林の中で暮らしています。長距離を飛ぶ飛行能力はないため、海に囲まれたカリブ諸島には生息していません。

森の中では虫や爬虫類、果実などを主食とし、強い雑食性を持ちます。

オオハシを日本で見るには?

zoosnow / Pixabay

写真を見るとまさに極彩色の美しいクチバシを持ち、さらに性格はフレンドリーであると聞くと実際に会ってみたくなりますよね。どんな声で鳴くのか、羽ばたくとどれほど大きいのか、想像が膨らみます。

ここでは日本でオオハシに会える場所を3つほどご紹介します。

オオハシを見られる場所①掛川花鳥園

鳥と触れ合いたい方に絶対におすすめなのがこちらの掛川花鳥園です。オオハシはもちろんフクロウなどの猛禽類からペンギンまで様々な鳥類が放し飼いにされており餌をやったり近くで観察したりすることができます。美しい花も咲いており室内展示なので雨の日でもみんなで楽しめるでしょう。

  • 住所:〒436-0024 静岡県掛川市南西郷1517
  • 電話:0537-62-6363
  • ホームページ:http://k-hana-tori.com/

オオハシを見られる場所②神戸どうぶつ王国

続いてもオオハシと触れ合うことができる施設です。こちらは兵庫県神戸にある動物園で、エサを手から上げる体験に参加できます。

ふれあいを中心に様々な動物がコンパクトに展示されており、一日中楽しめることができるでしょう。

NEXT オオハシを見られる場所③いしかわ動物園