オオバナサイカクは臭い悪魔の花!サボテンと間違えて大変なことに!?

オオバナサイカクは「とにかく臭い」ことで有名です。でも、強烈な匂いが話題となって、注目を集めているのも事実です。そこでこの記事では、オオバナサイカクの生態や育て方について詳しく解説します。オオバナサイカクが話題になった理由についても理解できます。

この記事をかいた人

小さい頃から自然の溢れるところで生活しているので、アウトドア大好きです。小さい頃から両親と一緒に釣りはもちろんキャンプも行っていました。

オオバナサイカクとは?

この生き物の存在をご存知でしょうか。そして、これはどのような生き物なのでしょうか。この生き物について詳しく知らない方はもちろん、ご存知の方もぜひ参考にしてください。この生き物は「花」になります。

ガガイモ科の多肉植物

milivanily / Pixabay

ガガイモ科に分類される生き物は、双子葉植物ともよばれ、2枚の初期葉もしくは子葉を持っていることが特徴の1つです。その中でも乾燥地帯に生息するものの中には、多肉植物と呼ばれるものがいます。多肉植物は、柔組織と呼ばれる部分に水を貯めている生き物のことです。

背丈は約15~20cm

liggraphy / Pixabay

15~20㎝もの大きさがある生き物なのですが、想像しにくい方もいると思います。身近にいるもので表すと、犬のチワワの一般的な体高と同じです。植物と動物が同じくらいの大きさだとは驚く方も多いかもしれません。

オオバナサイカクの原産国と学名は?

PIRO4D / Pixabay

この珍しい生き物は、一体どこで誕生したのでしょうか。次はそのような疑問に迫っていこうと思います。この生き物に興味がある方は、この生き物が産まれた経緯なども知っておきましょう。そうすることで、さらにこの生き物のことが好きになるかもしれません。

学名「Stapelia grandiflora Masson」

geralt / Pixabay

学名とは、動植物に付けられる全世界共通の名前のことです。主にラテン語が使用され、この生き物の学名は「Stapelia grandiflora Masson」とされています。日本では、オオバナサイカク (大花犀角)と呼ばれています。また、別名スタぺリアとも呼ばれています。

「南アフリカのケープのトランスヴァール州」原産

sharonang / Pixabay

この生き物の原産国は、南アフリカです。ケープには世界的に見ても珍しい植物が揃っている場所があり、花の王国とも呼ばれています。この生き物は、そんな国で生まれ今まで繁殖を繰り返してきたということです。

オオバナサイカクが「悪魔の花」と呼ばれる理由は?

Waldkunst / Pixabay

この生き物が悪魔の花とも呼ばれていることをご存知でしょうか。初めてこの生き物のことを知った方には、なぜこのような別名が付けられているのか疑問だと思います。そこで、次は別名を付けられた理由について迫っていこうと思います。

とにかく臭いが強烈だから

NEXT とにかく臭いが強烈だから