初心者でも簡単!ニジマス釣りの仕掛けから料理までをご紹介!

ニジマス釣りに最適な天気

ニジマスは、少し曇りで気温が下がっていて、少し水が濁るくらいの環境だと魚がよく餌を追ってくれるので釣果が上がります。天気が悪いから釣行を中止するより、逆に多少の小雨なら釣果が上がるチャンスです。

ニジマス釣りに最適なシーズン

7月~8月は、水温が上がりすぎて活性が下がるため、夏場はニジマスを釣るのにあまり向かない季節です。むしろ雪解けの増水が終わった3月~5月、晩秋位までの9月~10月に釣り頃のピークが来て、冬でも釣れる魚です。水温が5℃以上からよく釣れ、15℃くらいまでがニジマス釣りのベストコンディションと言われます。

ニジマス釣りに最適な時間

ニジマスを釣りやすい時間は、基本である朝方(夜明け~日の出)と夕方(日の落ちる時間帯)です。魚の活性が最も高い上、餌を良く食べる最大のチャンスタイムになります。しかし、放流が行われる場合や、餌を与えるタイミングなどがある管理釣り場では、日中であっても、タイミングによってチャンスがあります。

エサ釣り仕掛け

上級者となると餌の現地調達も楽しみの一つにもなりますが、初心者の場合は刻んだソーセージなどで釣れます。しかし、今回は釣り道具屋で簡単に手に入る本格的なニジマス釣りの道具や餌を紹介しましょう。

ニジマス釣りにおすすめのエサ釣り用の竿

出典:Amazon

ニジマスのエサ釣り用の竿は、竿の調子(硬さ)が中硬調か硬調辺りで渓流竿の3~4.5m程度の物がおすすめです。リールのないのべ竿は、竿の長さ=飛距離に繋がるので長い方が広範囲には狙えますが、長すぎると初心者には扱いづらいです。ニジマス専用として発売されていることは少ないので、万能竿を選ばれても良いでしょう。

ニジマス釣りのライン道具

メインライン

出典:Amazon

ニジマス釣りに使うメインライン(道糸)は、ナイロンラインの0.6号から1号程度の物を使用します。この糸が仕掛けのメインとなる釣り糸になります。仕掛けを作る時のコツですが、道糸を竿の長さより50cm程短く取っておきます。これは道糸の先にハリスと呼ばれる魚を食わせる為の細い糸を結ぶからです。

サルカン

サルカンとは、見た目は地味ですが、釣りの仕掛けには必須とも言える小物で釣りの仕掛けに用いられる小型の連結金具で道糸とハリスをつなげる際に使用します。なるべく小さいサルカンを使用するのがおすすめです。

ウキ

出典:Amazon

ニジマス釣りに使うウキは、6号程度の玉ウキがおすすめです。使い方はとても簡単でウキゴムを道糸に通し、浮きゴムにウキをセットするだけなので、初心者でも簡単に取り付けることができます。

NEXT オモリ