チヌの釣り方は?ルアーや餌を駆使して大物を釣り上げよう!

カカリ釣りの釣り方

女性アングラーの実釣動画をご紹介します。コマセを作って魚を掛けて釣り上げるまでの一連の流れが良くお解りいただけると思います。

ほとんどの筏は波の穏やかな内湾に設置されていますので、船酔いの心配も無いですし、トイレも完備されていますので女性や家族連れでも楽しめる、お手軽な釣りです。

チヌの仕掛けはこちらが詳しいです

チヌを美味しく食べるならこちらのレシピをご参考ください

チヌが釣れるシーズンや時間帯は?

チヌに限らず、魚は潮の干満、風やその日の気温、水温そして季節の影響を強く受けます。一日中まったくアタリが無かったのに突如食いだして爆釣したり、反対に入れ食い状態だったのにピタッとアタリが止まってまったく釣れなくなったりする事が良く有ります。

チヌの釣れるシーズンについて

釣れる釣れないは状況による所が多いですが、春の産卵期には浅場に上がって来て産卵の為に荒食いしだします。これを乗っ込みと呼んでいます。

また夏から秋は活性が非常に高くなって数釣り出来るシーズンとなります。各地の釣り情報を小まめにチェックして釣れている時期を見極めて釣行すると良いでしょう。

チヌの釣れる時間帯は?

多くの魚類と同じですが、朝まずめ、夕まずめと言われる、明け方と夕暮れ時が釣れる確立が高いです。夜間は餌を求めて堤防や波止などの岸に寄って来ますし、警戒心も薄らいでいますので大型も狙える時間帯となります。

重要なのは潮の干満も影響しますので、引き潮、上げ潮の時間はしっかり把握しておく事が大事です。

チヌのスイカ流し釣り

夏の風物詩として一部の地域で今に伝わる伝統釣法です。チヌをトップウォータープラグで狙うと言う発想は実はこの釣法から来ているのではと思います。使う竿や糸は何でも良いです。

餌は勿論スイカ、それも熟れに熟れたヤツが浮きやすくて特にいいです。大きいのを2つ用意して1つは叩き割って果肉をジャンジャン海に投げ込みます。

夕暮れ時、潮が沖に払い出している所を選びましょう。ハリに付けるスイカは白い所を少し残して皮を剥きます。皮目からハリを刺して撒き餌のスイカと一緒に流すだけです。

魚がホントにスイカを喰うのか?と疑う人も多いでしょうが、これで実際に何匹も釣りましたので機会が有ったら挑戦してみて下さい、楽しいですよ。

チヌ釣りのおすすめルアー5選もご紹介!

チニングで使うルアーですが、狙い方でいくつか選択肢が有ります。表層、トップウォーターを狙って飛びついて来るチヌを掛けるホッパータイプ、貝やエビ、カニなどを捕食しているチヌを狙うラバージグタイプ、沖の潮目を狙えるバイブレーションタイプ。

そしてエビ、カニなどのシルエットそのままのワームタイプです。それぞれ特徴が有りますし、狙い方も違いますから、ここではタイプ別に評価の高いルアーを紹介していきます。ルアーの特徴を活かしてベストなアクションでチヌを狙って下さい。

ガルプ:SWクリケット

バークレイ(Berkley) ワーム クロー ガルプ! SWクリケット1 ジューンバグ GSHCR1-JB

Amazonで見る

文字通り、コオロギ型の扁平ワームです。他のワームに無い独特の動きで魚の食い気を誘います。加来匠さんの実釣解説動画が有りますので御覧ください。釣り方としては落とし込み釣りに近いアクションで、落として誘って落として誘ってを繰り返すと良いようです。

ヒラヒラふわふわアクションで捕食スイッチオン 

クリケットを使っての実釣解説動画です。一投目から良型チヌをゲットしているのでびっくりします。独特の扁平形状から産み出されるアクションが効果的な事が良く解ります。クリケットを使ってヘチを狙ってみて下さい。必ず結果がついてくる事でしょう。

スペック

  • サイズ:1インチ
  • 一袋8個入り
  • カラー:全7色
NEXT