グランピングってどういう意味?キャンプとの違いや歴史を解説!

テレビや雑誌、SNSで話題のグランピング。ですが、グランピングという言葉は知っていても「豪華なキャンプ」「おしゃれ」としか思っていない人も多いのではないでしょうか。この記事では「そもそもグランピングって何?」「いつからあるの?」という疑問を解消します。

この記事をかいた人

愛犬をもふり、肉球をぷにぷにするのが幸せな日課です。

グランピングとは

グランピングの意味

グランピングという言葉が最初に現れたのは2005年頃のイギリスで、英語で「glamping」と書きます。これは「glamorous(魅力的な)」と「camping(キャンプ生活)」を合わせた造語で、美しい景色や大自然を楽しみながら、高級ホテルのようなサービスを受けられる極上なアウトドア体験を意味します。従来型のキャンプの良さと豪華ホテル滞在の快適さをあわせ持ったこの新しいキャンプスタイルは、これまでアウトドアに高いハードルを感じていた人たちにも受け入れられやすいため、今注目を浴びています。

グランピングの定義

海外ではグランピングにいくつかの定義、要件を設けています。そのうちの代表的なものが「自然をそばに感じられること」「キャンプの煩わしさがないこと」「豪華であること」です。つまり、キャンプに似ているけれど、キャンプの面倒な部分を取り除いたいいところ取りがグランピングなのです。一方で、日本のグランピングの定義に明確なものはありません。それぞれの施設が独自のテーマや世界観を造り上げているからです。キャンプのいいところ取りは基本ですが、何をメインコンセプトにしているのかはその施設次第となります。

グランピングの歴史

グランピングの起源

グランピングの起源には諸説あります。そのうちのひとつは1100年代まで遡ります。モンゴルの遊牧民は移動式の家「ゲル」で暮らしていました。そこで生活しているわけですから、当然家具もあります。家具付きのテント生活をしていることから、これが最初のグランピングと考えられています。また、別の説では1800年代ヨーロッパ貴族が狩猟目的でアフリカを訪れた際、宿泊施設がなかったためキャンプに豪華な家具を持ち込んだのが始まりと言われています。その後時代の流れとともにアフリカ訪問の目的が狩猟から観光へ移り変わり、観光客をターゲットにした豪華な宿泊施設が多く作られるようになりました。

グランピングはいつ本格的に広まったのか

20世紀半ばには、グランピングスタイルは欧米で確立されていました。そして、車の登場でオートキャンプも流行することになります。それはグランピングスタイルが合わさった、とても贅沢なものでした。20世紀後半にもなると、富裕層が日常と繋がりながらも非日常を体験できる場を求めはじめるようになりました。その後、彼らが新たなグランピングスタイルを確立させると、その流れが一気に拡散していきました。そして、2000年代初頭にはグランピングの別名である「luxury(贅沢な) camping」という言葉が生まれたのです。

日本のグランピングの歴史

日本でも従来のキャンプに行き詰まりを感じていた事業者により、2000年代にはグランピングに似たアイデアが生まれており、それを組み込んだリゾートも存在していました。その後、2010年頃に海外で普及していたグランピングスタイルの情報が日本に届きます。ただ、基盤ができてもまだ普及する段階にありませんでした。グランピングが日本に明確に登場したのは2015年頃です。ある事業者が「グランピング」の名を付けた施設を開業したのです。そのゴージャスでおしゃれなアウトドア体験がメディアを通じて広まった結果、SNSの検索ワードランキングで1位となって「グランピング」という言葉が日本でも定着しました。

日本独自のグランピング

日本におけるグランピングは、豪華であるのはそのままに多種多様です。施設によってコンセプトも違いますし、海や山といった大自然の中だけではなく、大都会の中にあるものまで存在します。そのおかげで誰もが身近な場所でアウトドア体験を気軽にできるようになりました。ただ、海外のグランピングの定義には「アウトドアの環境にすぐアクセスできること」というものがあり、都会の中のグランピングは定義から外れているように思われます。というのも、海外のグランピングには「キャンプしながら贅沢をする」という認識があるからです。

一方、日本のグランピング、特に都会型の場合「贅沢をしながらキャンプする」感覚のものも存在しています。グランピングの歴史を見ると少し違和感がありますが、日本独自の様式にローカライズされたグランピングスタイルとも言えるでしょう。

キャンプとの違い

NEXT キャンプとの違い