シーバスタックルの選び方のポイントや仕掛けをそれぞれ解説!シーバス釣りを始めよう!

オカッパリ

岸からシーバスを狙って釣ることを「オカッパリ」と言っています。この釣りは、海岸や堤防、港湾などいろいろな場所で楽しむことができるので、シーバス釣りの基本型のスタイルなっています。無理して水面近くに降りていかなくても、釣りを楽しめるポイントはたくさんあります。まずは、比較的に安全な「オカッパリ」シ-バスから始めましょう。

ウェーディング

ウェーダー(防水の着衣)を身に付け、水の中に入っての釣り方を「ウェーディング」と呼んでいます。自分の足でより魚のいるポイントに近づけるという利点がありますが、気軽にできる釣りではないし、夜の釣行は危険性もあり、最初にこの釣りをする場合は、ポイントを熟知した方やウェーディングに慣れた方と行うとよいと思います。

ボート釣り

都市の港湾では、船でシーバスを狙う釣り方「ボート釣り」も人気があります。初心者向けのレンタルタックルもありますので、シーバスを釣ってみたいという方は、沖に出てのボ-ト釣りがおすすめです。魚群探知機を活用してポイントを見つけ、シーバスを狙うことがこの釣りの特徴です。

シーバスタックル

シーバスタックルは、ニーズに合ったものを

シーバス釣りのタックルは、ロッド・リール・メインライン(ナイロンかPE)・リーダー(フロロかナイロン)・ルア-などを自分の釣りのニ-ズにあったものを選ぶことが大切です。シーバス釣りを行う釣り場(砂浜や河川の河口など)によってタックルが異なってきます。

シーバスタックルの基本例

  • ロッド(ライト~ミデイアム7.6~9.6ft)
  • リール(スピニングリール2500~4000番)
  • メインライン(PE0.8~1.5号)・リーダー(フロロかナイロン12~25LB)
  • ルアー(ミノープラグとバイブレーションなど)

シーバス釣りのロッドの選び方

基本はシーバス専用ロッド

他の釣りに使うロッドでも代用できますが、これから長く使うことを考えると、専用のロッドをおすすめします。ロッドを選ぶときは、自分が釣り場所と考えているところを考慮して、自分にあったものを選ぶようにしましょう。

最初の1本におすすめのロッド

最初に手にして使いたいオカッパリ用のシーバスロッドは、長さが9ft(約2.7m)、硬さはML(ミディアムライト)を選ぶとよいと思います。理由は、この長さであれば、多くの釣り場で不自由なく使えますし、ほとんどのシーバス釣りのルアー(ミノー、バイブレーションなど)が扱うことができます。できれば、最初の一本は、他の釣りにも代用できるものを選びまししょう。

NEXT 砂浜や磯の場合