カスパーハウザーとは何者?謎の出生から特殊な能力、暗殺の謎に迫る

ドイツでヨーロッパの孤児として有名なのが、カスパーハウザーです。この記事では、カスパーハウザーの生い立ちや謎について詳しく解説していきます。なぜ200年近く前の少年の話が映画や小説にまでなっているのか、その魅力もご紹介していきます。

この記事をかいた人

釣りクアンプを愛するアウトドア系の男です。仕事はパソコンに向かう時間ばかり・・・だから取材を兼ねた週末は「楽しいことを探してワクワク」しています。

カスパーハウザーとは?

彼は19世紀初頭にドイツに実在した孤児です。200年近い年月が経った現在でも彼にまつわる伝説が語り継がれています。特殊な環境で生まれ育った彼は人並みはずれた鋭い五感をもっていました。そして何者かに暗殺され多くの謎を抱えたまま歴史の彼方へと埋没しまいました。

ドイツの伝説的孤児

彼は保護された当時、言葉を話すことはおろか、コミュニケーションを取ることさえ困難でした。人間らし感覚をほとんど持っていなかったのです。長い期間地下牢のような所で社会と隔離された状況に幽閉されていたのが原因です。

公的な書類が残っている

公的な記録が現在も保管されています。この記録によりカスパーハウザーが何時発見され保護されたか。その時の状況や彼の様子をうかがい知ることが出来ます。そして彼の最後の日となった暗殺の日までが記録に記されています。

突然現れた謎の少年カスパーハウザー

GiselaFotografie / Pixabay

ボロボロの服を身に纏い、痩せておびえた様子の子供がある日突然闇の中から現れドイツ中に噂が広まりました。突然人前に連れ出された少年は子犬のように怯えていました。話すことは困難で、身体的にも非常に不可解な現象が見られました。

1828年ドイツのニュルンベルクで発見される

byrev / Pixabay

ニュルンベルクに彼が現れたのは1828年5月です。時代は神聖ローマ帝国が滅び、ドイツ連邦が発足して間もない混沌とした時代です。産業革命が起こる以前て騎馬隊が軍の主流でした。ここにカスパーハウザーという孤児はボロボロの格好で現れました。

ほとんど喋らずにまともに歩くこともできない

Free-Photos / Pixabay

彼は話をすることはおろか、まともに歩くことも困難でした。明るい場所に連れ出すと光におびえ、痛みさえ訴えたといいます。まさに人間の姿をした動物のような存在だったのです。彼を語るときに「野生児」という表現が使われるのはこれが理由です。

膝を曲げたことがない?

記録によると彼の膝は木の枝のように伸びたまま曲がりませんでした。わずかに反対向きに反っているようでもありました。「まるでこれまで一度も膝を曲げたことがないようだ」と記されています。どのような状況に置かれると膝を曲げなくなるのでしょう。

自分の名前は筆記することが出来た

警察に保護されたカスパーハウザーは、紙に鉛筆で自分の名前を書いています。彼を連れ出した男が名前と文字だけを教育したのです。それが誰なのかは今もって謎の中です。非常に高貴な身分を持つ人物だったのではないかという噂は消えることがありません。

唯一の手がかりは2通の手紙

jarmoluk / Pixabay

警察に保護された彼が所持していたものは2通の手紙だけ。この手紙からは彼の身元を推察する手がかりはありませんでした。書かれていた内容から彼の年齢が16歳であることは分かりました。

実の母親が書いたと思われる手紙

NEXT 実の母親が書いたと思われる手紙