無実の罪で斬首刑となったアン・ブーリン|強く生きたその生涯をご紹介

ヘンリー8世に見限られたアンブーリンが迎える結末とは

Comfreak / Pixabay

息子の誕生に執念を燃やすヘンリー8世は、失望の連続に次第に妻への思いを薄れさせてしまいます。息子を産めない自分と、離れていく夫。初めは幸せだったはずの彼女の結婚は、たったの3年で終わりに向けて急速に加速していきました。

アンブーリンの侍女ジェーン・シーモアに心移りしたヘンリー8世

ヘンリー8世はアンブーリンの侍女であったジェーン・シーモアに想いを寄せるようになっていました。ジェーンが王から送られた、互いの肖像画入りのネックレスもアンの知るところとなっていました。アンが2度目の流産をしたのは2人の関係を知ってヒステリーを起こしたからだとされています。

また、アンブーリンがヘンリー8世の膝に乗る彼女を目撃してショックを起こしたとする話もあるようです。夫とまさにかつての自分と同じ侍女との関係は、胸が張りさける思いだったことでしょう。

罪を着せられたアンブーリン!反逆罪として斬首刑に

アンブーリンは王の暗殺を図ったとして反逆、姦通、近親相姦、魔術の罪を言い渡され取り調べを受けロンドン塔に送られてしまいます。降って湧いたようなこれらの罪状は、全てヘンリー8世が彼女を排除したかったがための事実無根であったとされています。

アンブーリンはロンドン塔で剣によって首をはねられ1536年5月19日にこの世を去りました。剣によってというのは当時処刑となれば斧が主流だった当時においては稀なことで、彼女自身が懇願したとされています。

アンブーリンの実弟ジョージ・ブーリンなど無実の男性5人も処される

Activedia / Pixabay

ヘンリー8世とジェーン・シーモアはアンブーリンが処刑されたその翌日に婚約を発表します。現在の私達からすると血も涙も無いような印象を抱いてしまいますね。アンブーリン処刑の数日前には、アンと関係を持ったとされる5人の男性も処刑されました。その中にはなんとアンの弟ジョージの名前もありました。

息子を流産したばかりの気高いアンブーリンが、なぜ突然、実の弟を含めた多くの男性と不貞を働かなければならなかったというのでしょうか。その実、明確な証拠など何もなかったのだといいます。

アンの最後のスピーチ

Free-Photos / Pixabay

ここにアンの最後の言葉を一部紹介します。「私はここへ死するためにやってきました。私は法によって裁かれ、死を宣告されました。私はそれを受け入れます。私はここで死する運命ですが、どうか国王のために祈ることをお許しください。神が彼と共にあり、彼の世が長く続きますように。私にとって彼は善良で、紳士であった最高の夫でした。」

「私のために咎を受ける者がいたならば、その方達には最良の判決を望みます。どうか皆さん、私のために祈っていてください。神よ、御慈悲を。私の魂はあなたへと委ねましょう。」アンはその生涯に幕を下ろす最期の瞬間まで、王妃として、人としての威厳を保ち続けたのでした。

処刑後アンブーリンの幽霊が出るようになった!?

darksouls1 / Pixabay

処刑され帰らぬ人となってしまったアンブーリン。気高く散っていった彼女ですが、その後幽霊として各地に現れていると言われ始めました。一人娘を遺して逝った未練でしょうか。人々はそこで何を目撃したのでしょう。

ロンドン塔の“トレイターズ・ゲート(反逆者の門)”

ロンドン塔へと続くトレイターズ・ゲート。こちらで彼女を見かけたという情報があります。また彼女はロンドン塔の他にも幼少期を過ごしたヒーヴァー城やロンドン近郊のウィンザー城、ブリックリングホールなどと各地で目撃されていることから、イギリス1の旅する幽霊などと言われることがあるようです。

自らの首を抱えたアンブーリンの幽霊?目撃情報も多数?

19世紀終わりにも、鍵のかかったはずの教会のドアが突然開き、騎士や侍女たちを従えた首がないアンブーリンが出てくるのを見たと証言した人々がいました。世界には他にも首がない幽霊の話が数多く存在していますが、アイルランドや日本国内においては首なしライダーの話が数多く報告されています。気になる方はこちらをご覧ください。

NEXT ファッションリーダーとしても知られていたアンブーリン