【2019年最新】2062年未来人の予言まとめ|第三次世界大戦や南海トラフ地震も

2062年未来人のジョーク?「エニグマ暗号」

Pexels / Pixabay

2016年に未来人が残して行ったとされる4つの暗号は1つは未来人の誕生日? 次は箱根の噴火「違ってたらごめんなさい」と一応解読されたようです。期限は次に来る2022年です。3つ目と4つ目が気になります。

いまだに解読者がいない暗号

geralt / Pixabay

エニグマ暗号は第2次世界大戦中、ナチスドイツが使っていた暗号機で、エニグマ暗号解読のためにコンピュータの開発がされて、解読可能になりました。ナチスドイツの暗号はことごとく解読されて、ナチスドイツは作戦を読まれてしまい敗戦に至りました。

2062年未来人は嘘?本物の可能性はある?

Genty / Pixabay

本物の可能性はある?2062年の未来人さんは本物である可能性は低いと言っておきましょう。本物だと言う証拠は出せないのです。書き込まれている文章が2010年と違うというのが大半の意見です。

はっきりとした証拠は何もない

FotoArt-Treu / Pixabay

2062年の未来人が本物か、偽物かなどはっきりした証拠はありません。ライターとしてみれば、いくつか違う種類の文章があるなぁと思いますが、言わないのが花です。2chの住人の意思を尊重します。予言をいちいち真剣に受け留めていたら、恐ろしくて生きた心地がしません。

2062年未来人はビジネス目的?

Mr jaguarは自作自演本人ではないか?とも言われています。中にはネットビジネスの有名人をフルネームでこの人が書いていると、いくつかの証拠を上げて指摘してきます。変な風向きになってきたような感じは誰もが感じているのですが、あえてこのままでも実害はないのです。

YouTubeチャンネルも開設

stux / Pixabay

いつのまにかYouTubeも開設され、2chでは相変わらず本物の帰還を待ちわびています。唯一本物ではないかと言われているのは最初に書き込んだ人物か?と一縷の望みを持って待っています。未来人サイトで本人の肉声を販売しています。聴いてみますか? 有料なんですよ。

他にもいるネット上の未来人

Wortley / Pixabay

世界的に有名なのはジョン・タイターです。彼はタイムマシンの設計図を持っていました。日本でも未来人乱立時代で、その中でも際立って有名なのが2062年から来た未来人で、そのほかに、2047年から来たジジイや2075年から来たYJ氏もいます。

2036年から来た未来人「ジョン・タイター」

Free-Photos / Pixabay

ジョン・タイターは2036年から来たタイムトラベラーで1975年にタイムトラベルした後に1998年にこの世界にやってきました。アメリカの大手掲示板に2000年に書き込みがあったのが始まりでタイターは多くの質問に答えています。

タイターはいくつかの写真をアップロードし、理にかなった説明をし、タイターの話す未来は真実味があったためにアメリカ社会に受けいれられて、話題を集めていました。ある日、任務を完了したので帰りますと告げて去ったようです。

NEXT 2058年から来た未来人原田