白鳥由栄4度の脱獄歴!「昭和の脱獄王と呼ばれた男の驚きの能力と方法とは?

白鳥由栄4度の脱獄劇④札幌刑務所

cegoh / Pixabay

4度目の収監になりますが、脱走の常習犯として収監されるたびに、白鳥の扱いは悪化して、厳しいものになっています。噂道理網走刑務所では、寒さと劣悪な環境に何度も死ぬかと思ったと語られています。

収監される経緯

Comfreak / Pixabay

脱獄してから2年、白鳥は山に潜伏していました。山からおりる途中で終戦を知ります。札幌に向かおうと下る畑で泥棒と間違われ、潜んでいた男に棒で殴りかかられて相手を殺害してしまいます。正当防衛で殺意はなかったと主張した一件です。

そこで逮捕となり死刑の判決が出ました。1947年4月に札幌刑務所に入ります。24時体制で監視されて、窓やドアは補強されていました。それでも白鳥は脱獄を計画します。今度の材料は桶のタガでした。

床下にトンネルを掘って脱獄

elcodigodebarras / Pixabay

桶のタガと釘で、ノコギリを作りました。目をつけたのは床でした。根気よく床を削ります。1947年3月に床に穴を開けて床下を食器と手で2mほど掘り進み脱獄成功。39歳の年でした。4回目の脱獄成功です。2m堀り進むのに手は血だらけになりました。

白鳥は札幌にきたときに、「なんど脱走してもまた捕まるだけだ、そろそろおとなしくしてみたらどうか」といわれましたが、自分には殺意はなかった。必ず脱走してやると豪語しました。まんまと脱走に成功しました。

なぜ白鳥由栄は脱獄するのか?

ljcor / Pixabay

白鳥由栄は1907年7月31日に生まれました。出生地は青森県東津軽郡荒川村筒井という寒村で生まれ、3歳で父親は病死、家は維持できない程困窮します。母親は下の弟だけを連れて家を出たため、残された姉と2人、当時豆腐屋をしていた叔母に引き取られます。

白鳥由栄の生い立ち

Free-Photos / Pixabay

白鳥由栄は豆腐屋を手伝っていましたが、素行は悪かったといいます。18歳のときに、蟹工船に乗りカムチャッカまで行って蟹漁をして缶詰をつくる蟹工船に乗りました。蟹工船の仕事はきつく、小林多喜二の蟹工船として文学作品になるほど過酷な労働でした。

22歳で結婚し、魚屋を皮切りに幾つか仕事を変えました。おりは世界大恐慌のまっ只中でどの仕事もうまく行きませんでした。賭場に入り浸り窃盗の常習犯として、青森県警の留置所に入れられますが、すぐに抜けだしてしまいます。

脱獄の理由

Monoar / Pixabay

何回も脱獄するのには理由があるはずです。そのたびに刑は重くなるでしょう。これだけの執着心を持って、ノコギリを作り鉄格子を切るような動機を探ってみました。それは当時の獄中の酷い環境にあったのです。

勾留生活に飽きたから

markusspiske / Pixabay

なぜ脱獄するのかの問いには、未決が長く拘留生活に飽きたと答えています。白鳥由栄の拘留生活は一度目の逮捕依頼、外に出ていたのは脱獄から次の逮捕まで、通算しても3年と少しばかり、拘留生活が長くなると、脱獄の方法を考え始めるのです。1番弱い場所を見つけ、突破口を探して方法を考えるのです。

脱獄できると思ったから

MonikaP / Pixabay

後に白鳥由栄は言っています。人が作ったものを人が破れないわけがない。看守にも絶えず挑発的で、自分を人並みに扱ってくれた看守が休みの日を狙い脱獄しています。人に受けた恩義は忘れることはありませんでした。

命の危機を感じたから

pixel2013 / Pixabay

冬には一重の薄い着物だけで極寒の網走刑務所に服役していたこともあり、手枷足枷をした状態で、アルマイトの食器を咥えて飯を食べ命を繋ぎました。人の体に蛆が涌くのを身をもって体験したと後に語っています。当時の刑務所は命の危機を感じるような厳しい所でした。

NEXT 白鳥由栄の名言