愛知県の心霊スポット20選!行ってはいけない本当にやばいスポットまとめ

目次

絶対に行ってはいけない!愛知県心霊スポット20選⑥

6か所目に紹介するのが、国道362号線を愛知県方面から静岡県方面にて走っていくと本坂トンネル。そのトンネルを抜けると右手に石段が見えてきます。その石段を上ると浅間神社の社があります。昔からの伝承でこの神社は「首狩り神社」と呼ばれています。

愛知県心霊スポット⑥:浅間神社/首狩神社(豊橋市)

この神社の入り口にある石段は1段目と3段目は絶対に踏んではいけません。そこを踏むとあなたは呪われてしまうかもしれません。ここには昔、本坂峠で山賊に襲われた旅人の生首が置かれていたといいます。切られた生首です。

心霊スポットになったのはなぜ?

本坂峠に位置する浅間神社の石段には旅人の死体がさらし首になって放置されていたといいます。地元に住む古老も知っている話なので信憑性も高いです。人々が語り継ぐような悲惨な事件があったのは間違いないのでしょう。

どんな心霊現象を見たのか?

ここではやっぱり首に関係する目撃情報が多いです。首から下だけの和服姿や、首の血で石段が赤く染まっていたという噂もあります。特に本坂峠で被害にあったのは女性や子連れの弱者。それらの怨念が消えることなく今でも漂っているのかもしれません。必死の覚悟でこの峠を越えようとした人々の霊です。

絶対に行ってはいけない!愛知県心霊スポット20選⑦

では7つ目に紹介するのが、愛知県豊橋市の海岸線沿いを走る国道42号線。海岸は美しい砂浜でアカウミガメの産卵地としても有名です。この、のどかな地に今は使われなくなった「廃道」があります。この使われなくなって朽ちるままになっている廃道がヤバイと噂です。

愛知県心霊スポット⑦:伊古部海岸の廃道(豊橋市)

jplenio / Pixabay

国道42号線から海岸へ道を折れると伊古部海岸が姿を現します。その途中になぜかコンクリートの舗装が途切れ車両が入れないようにポールが立っている場所があります。周りはうっそうとした藪。道には違いありませんが街灯もなく不気味な感じです。

心霊スポットになったのはなぜ?

この地には海岸から沖へと流れる離岸流という潮の流れがあります。地元の方言では「うと」と呼ばれています。それを知らずに海岸から海に足を踏み込んだ何人もの若者を「うと」の波が飲み込んだといわれています。その為海岸につながる道を閉鎖したとか。

どんな心霊現象が起こる?

海岸に続くうっそうとした森の中からは女の鳴く声が聞こえるといいます。そして森を抜けると白い女が立っているらしい。その女が誰なのかは不明。海に飲み込まれた女の霊なのかもしれません。何も知らずに海に入ってしまって引き込まれた女の人の霊。

絶対に行ってはいけない!愛知県心霊スポット20選⑧

8っか所目に紹介するのは、愛知県の豊田市にある藤岡病院。丘陵地の林の中に建てられた病院で現在は完全な廃墟と化しています。この病院の廃墟はかなり多くの浮遊霊が溜まっていると噂されます。目撃情報は1体や2体ではないのです!

愛知県心霊スポット⑧:藤岡病院(豊田市)

藤岡病院は完全な廃墟と化した建物ですが、鉄扉の扉が設置され外周には有刺鉄線がまかれ「異様」ともとれる厳重な対応です。霊以上に「その筋」の人が管理しているという怖い噂もあります。立ち入りを特に注意した方が良い施設です。

心霊スポットと呼ばれる怖い現象

この施設は元が病院なので廃墟になっても先ず怖い。窓が沢山あり全て割られているのですが、そこから多くの患者が外に向かって立っているといいます。汚れた病院服を着て何かを訴えるようにしているとか。一人じゃないのが強烈に怖いです。

どんな心霊現象が起こる?

地下には霊安室があり青い顔をした霊の目撃情報や、書類やカルテが散乱している幻の部屋があるといいます。その書類をを拾って帰った人がいるといいます。翌日「カルテを返せ」と非通知で見知らぬ女から電話が来たという信じられない話も。

NEXT 絶対に行ってはいけない!愛知県心霊スポット20選⑨