愛知県の心霊スポット20選!行ってはいけない本当にやばいスポットまとめ

目次

絶対に行ってはいけない!愛知県心霊スポット20選⑮

八事霊園は名古屋市の東の外れにある巨大な霊園です。墓石数が約50,000基という途方もない数です。大正初期にはこの霊園の原型がありましたので、古い地区では土葬で供養された方も沢山います。見渡す限りに墓地、墓地、そして墓地という場所です。

愛知県心霊スポット⑮:八事霊園(名古屋市天白区)

八事霊園には人間のお墓だけではなく、ペットのお墓もあります。古くから人間と動物を同じ墓に入れるのはタブーとされています。六道の輪廻転生の考え方ではペットは「畜生」に当たります。生前悪い行いをしたものが生まれ変わった時に畜生になるのです。

心霊スポットになったのはなぜ?

大正時代から50,000基の墓石がたつこの場所に霊的なパワーが無い方がおかしいともいえます。数々の心霊現象が目撃されています。人の魂が燃えて彷徨っているといわれる人魂の目撃情報も沢山あります。

どんな心霊現象が起こる?

人間の霊のみならず動物の霊の目撃情報も多い。八事霊園ではペットもしっかりと火葬してくれます。これには賛否の両論があり時に紛糾することがありますが、八事霊園ではペット火葬の需要が非常に多いので、ペット専用の焼き場を設けて対応しているようです。

絶対に行ってはいけない!愛知県心霊スポット20選⑯

名古屋市の海の入り口である金城ふ頭。岸壁には荷役用の施設がたくさん並んでいます。この金城ふ頭は昔から事故や車の水没事件が多発するポイントとして知られています。事故にまつわる様な心霊現象の目撃談も多数報告されています。

愛知県心霊スポット⑯:金城ふ頭(名古屋市港区)

金城ふ頭ではなぜか車が海に落ちる事故が続出している。そしてその多くの事故で乗車していた人が亡くなっています。その噂を聞きつけてか、心中目的で金城ふ頭に現れる人もいます。金城ふ頭は大型の船が接岸できるように岸壁のすぐ下が深く掘り起こされ、底が見えないほど深い闇が広がっています。

心霊スポットになったのはなぜ?

この場所は町中から離れているので暴走族やヤンキーが溜まる場所としても有名でした。その若者の運転する車が何度も海にダイブしています。そして乗車していた人をのせたまま海に沈んでいます。やがて死ねる場所として有名になり心中目的の人にも注目されるようになります。

どんな心霊現象が起こる?

最も有名な心霊現象が革ジャンを着た男女の霊。いたるところで目撃され、なぜか全身が水で濡れているといいます。また金城ふ頭に車を乗り入れた瞬間にブレーキが利かなくなるという噂も。夜の海からはおいでおいでをするような無数の手も目撃されています。

絶対に行ってはいけない!愛知県心霊スポット20選⑰

愛知県名古屋市を流れる新地蔵川にかかる橋に喜惣治橋があります。この橋とこの橋の周辺は知る人ぞ知るというマイナーだけど沢山の人が無くなった裏が取れる本当に怖いスポットです。ここでは川の氾濫被害を何度も経験しています。

愛知県心霊スポット⑰:喜惣治橋(名古屋市北区)

Tama66 / Pixabay

喜惣治橋付近は海抜が低く昔から水害の被害にあいやすい地域でした。治水工事が進んだ現代でも被害が発生する地域です。2000年には新地蔵川の本流とも呼べる庄内川で決壊が起き10名以上の人が亡くなっています。

心霊スポットになったのはなぜ?

喜惣治橋を挟んで東側の地域は特に地盤が低い地域。水が流れ込みやすく特に水害が発生しやすい地域でした。この地に出るといわれる老婆の幽霊も雨と水害をを心配しているようです。濁流が押し寄せて家財道具を一切を飲み込んでいく。それは悲惨な光景で絶望した人も少なくないでしょう。

どんな心霊現象が起こる?

橋のたもとにかすり模様の浴衣に雪駄姿の老婆が川面を見つめて立っているといいます。「あしたは雨かのう」老婆は通りすがりの人にそう聞くと消えていなくなるそうです。幽霊なのか、それとも雨の被害を心配するお地蔵さんかもしれません。

NEXT 絶対に行ってはいけない!愛知県心霊スポット20選⑱