フルーツバットとは?実は美味しい衝撃すぎる料理から特徴、飼育方法も!

インドネシア

Mariamichelle / Pixabay

ミナハナ族の人たちは、家庭料理として親しまれています。鍋でローストし味付けはカレーようなスパイスを使って辛味が特徴的な料理です。アレンジが多彩でココナツミルクやハーブ、香辛料などを入れて味つけを変えて食します。

カンボジア

Mareefe / Pixabay

重要なタンパク源として重宝されています。野菜と一緒に煮込む料理が一般的です。コウモリを煮込んだエキスを滋養強壮の薬として飲まれてもいます。

ベトナム

kkppwoshizhu / Pixabay

屋台で多く出されているお粥の種類として出されています。家庭料理として一般的な具材で、その家庭ごとに少しづつ味付けが異なります。

中国

Free-Photos / Pixabay

中国料理でも広東料理では、高級食材として扱われています。逆に台湾では屋台のポピュラー料理として定番です。四川料理では糞から取り出した蚊の目玉を使ったスープがあり、さまざまな食べ方がされています。

おぞましい珍味について詳しく知りたい方は、こちらも良かったらご覧ください

フルーツバットの生態

jochemy / Pixabay

海外で重要なタンパク源となっている彼らの生態に迫ります。主に生息している地域、そしてどういった生活を送っているのでしょうか?主な生態をご紹介します。

アジア・オセアニア・アフリカに生息

nile / Pixabay

亜熱帯地方に生息していて、20~30度程度の湿度が高めで暖かい気候を好みます。体は7~15㎝ほどと小さく、体重も45~100gほどしか成長しませんが羽全体を広げると2mほどにもなりオオコウモリの種類に分けられます。

コロニーを作り数千匹で生活

nile / Pixabay

野生の彼らは、数千匹の群れを作って生活をします。昼行性のため視力が優れていて、超音波で認識はしません。果物や花を識別し食べています。繁殖期は2シーズンあり、2~4月と8~10月です。

この時期を狙ってペットショップへ出向けば、可愛い赤ちゃんが見られるかもしれません。

世界の赤ちゃんについて詳しく知りたい方は、こちらも良かったらご覧ください

成長が早い

Salmar / Pixabay

彼らの成長は早く、1年弱で大人になります。生まれてから2カ月程度で空も飛べるようになり成長が早く、可愛い赤ちゃんの時期はあっという間です。

NEXT フルーツバットの特徴