フッコとは?生態から釣り方、料理までをご紹介!

フッコの様々な釣り方

フッコは様々な釣り方ができます。ルアー釣りや投げ釣り、泳がせ釣りなど様々な釣り方があります。釣り方によって大物を狙うことや、初心者におすすめや上級者おおすすめがありますので、自分に合った釣り方を選んでフッコ釣りを挑戦してみましょう。フッコはスズキよりも小さいとはいえ十分大きな魚ですので、釣る場合にはタモを忘れずに持っていきましょう。

フッコのルアー釣り

ルアー釣りとは?

ルアー釣りとは、疑似えさをつかった釣り方です。初心者から上級者の方までに人気のある釣り方です。ルアー(疑似えさ)にも様々な種類があり、大きく分類するとハードルアーやソフトルアーに分類されます。ハードルアーはプラスチックや金属で製作されていて、物によってはウェイト(おもり)がついており、投げ込むと動くようになっていたりするなど、様々な機能のルアーが製作されています。上級者の方は自作のルアーなどを作る人もいます。ソフトルアーは生き物の皮や羽、化学素材のシリコンやラバーなど、柔らかいもので製作されているルアーで、塩やアミノ酸を含有させることにより本物のえさのように製作されているものもあります。

フッコのルアー釣りに必要なもの

ロッドは8~9フィートでパワーがあるもの、スピニングリールで2500番以上3000番のドラグフリーつきだと安心です。ドラグフリーとは、大物を狙うときに使われる方法で、アタリが来た時に竿を持っていかれないようドラッグを緩めておき、竿を逆回転したときにリールトラブル起こさないようになっているリールです。フッコを狙う際はドラグフリーのリールを選びましょう。ラインはPEラインが遠くまで飛距離が出るのでおすすめです。ルアーの種類はミノールアーやバイブレーションルアーがおすすめです。ルアーはたくさんの種類があり、フッコは違うルアーでも釣ることができるので慣れてきたら自分に合ったルアーを見つけるのも楽しみのひとつですね。

ルアー釣りの注意点

ルアー釣りをする場合、ある程度ルアーをまっすぐ遠くに飛ばし狙ったポイントに投げる必要があります。慣れるとそれほど難しくはないですが、慣れるまで少し練習が必要かもしれません。あきらめずに練習してルアー釣りを楽しみましょう。

フッコの投げ釣り

投げ釣りとは?

投げ釣りとは、主に海で行われる釣り方で、えさをつけた仕掛けをおもりを糸につけて遠くに飛ばし魚を釣る方法です。釣り場所は堤防や磯などで行える方法です。

投げ釣りに必要なもの

フッコを狙う場合の投げ釣り、ロッドは27号以上で30号のおもりに対応したロッドが必要です。リールはドラグフリーがついてる遠投リールにします。ラインはナイロンの4~5号又はPEライン力糸の2~3号がおすすめです遠い居場所を狙う場合はPEラインを選びます。天秤は遊動式の天秤で30号選びます。仕掛けはフロロカーボンの6~8号を選び大物用なげバリ15号~18号を選びます。夜釣りをする場合は、光る仕掛けをつけるとえさが強調され釣りやすくなります。えさはアオイソメがおすすめです。フッコは動きに敏感なので、アオイイソメはカットせずにそのまま使用します。

フッコの泳がせ釣り

泳がせ釣りとは?

泳がせ釣りとは、生きた魚をえさとし、自由に泳がせながら大物を狙う方法です。つけるえさは現地でサビキ釣りで釣った魚などを使います。生きがいい魚を使うと竿を動かさなくても狙った魚に、魅力的に動いてくれることが泳がせ釣りの魅力です。

NEXT 泳がせ釣りに必要なもの