「コーナーで差をつけろ」の元ネタは?笑うしかない自虐ネタ!【オタク構文】

小学生グッズを使い続けるオタクたちへの揶揄

出典:PhotoAC

オタクといえばチェックシャツが定番のイメージです。オタクはファッションに興味がないから小学生から身につけるものが変わっていないのでは?という発想から、大人になっても俊足を愛用していると面白ろおかしく皮肉っているのです。

(コーナーで差をつけろ)(俊足)が生まれた経緯①

出典:PhotoAC

それではネットでこのフレーズが使われるようになった経緯を、順を追って詳しく見ていきましょう。そこにはツイッターなどSNSを通して拡散された、オタク構文の先駆け的存在がありました。

オタク構文「文章(オタク特有の早口)」

出典:PhotoAC

2011年頃から「文章(オタク特有の早口)」という形でツイートすることが自然に流行りはじめます。これをアニメ・アイドル・k-popなど様々ななジャンルのオタク達が使い出しました。

オタクの早口ネタの自虐

出典:PhotoAC

人は自分が熱を注いでいる事について語りたくなるものです。次から次に伝えたい情報が出てきて止まらなくなり早口になる、というオタクによく見られる習性を客観的に見て自虐しているものです。

(コーナーで差をつけろ)(俊足)が生まれた経緯②

出典:PhotoAC

(オタク特有の早口)が浸透したのはわかりましたが、そこからどのようにして(コーナーで差をつけろ)に発展していったのでしょうか。オタク構文と言われるまでになった経緯を考察してみましょう。

(オタクの特徴)ネタへ発展

出典:PhotoAC

(オタク特有の早口)が浸透すると()内に別のオタクの特徴を入れたツイートが出現してきます。()内の言葉を入れ変えれば簡単に使い回せるのでツイッターと相性が良く、ネタへと発展していきました。

さらなる自虐ネタが次々と生まれる

出典:PhotoAC

「文章(オタク構文)」のスタイルで新しい自虐ネタが次々と生まれます。例えば(親が買ってきたチェックシャツ)。オタクといえばチェックシャツというイメージと、親が買ってきた服でも気にしないで着るという皮肉が混じっていて秀逸です。

他には木刀、メガネ、筆箱などオタクや小学生男子を連想させるワードを使った構文がたくさんあります。

診断メーカーで(コーナーで差をつけろ)の人気に火がつく!

ktphotography / Pixabay

突然ですが、診断メーカーを知っていますか?実はこの診断メーカーが(コーナーで差をつけろ)の人気の火付け役となり、どんどん拡散されました。ここではその詳しい経緯をご紹介します。

NEXT 診断メーカーとは?