エクスカーションティピーの魅力と口コミ紹介!いま一押しのテント徹底解説!

②撤収手順|シンプル構造だから撤収も手間なし

撤収・片づけの手順も詳しく解説した動画が公開されています。テントの片づけは収納袋に上手く納めるために折りたたみは少しコツがいりますが、設営と同様に片づけも楽ちん!

動画のチェックはテントを購入してからはもちろん、買う前でも、実際にテントの設営・撤収のようすがイメージできるのでテント選びのとても参考になりますね。

エクスカーションティピーの魅力⑤過ごしやすさのための機能

出典:Amazon

テントの機能で意外に忘れられがちなのが「通気性」のよさ。テント内の温度や蒸れ・湿気に関わる「通気性」の機能が充実している点もおすすめです!

機能①通気性の良いベンチレーション

出典:Amazon

インナーテント上部と下部にはベンチレーションが設けられています。この上と下というのが重要なポイント!上下にあることで空気の対流循環が起き通気がスムーズになります。

通気性がいいとテント内に熱気がこもるのを防げます。またテント内がじっとりじめじめしてしまう湿気の蒸れや結露の防止にも役立ちますのでテント内を快適に過ごせます。

ベンチレーションもあるので、晴れの日の肌寒い9月末のキャンプでしたが、結露は少なめで、裏返して干したらすぐ乾きました。【引用:Amazon】

まず良かった点は風通しが良く、快適に眠れた事です。ドア2箇所とベンチレーションが有り、高低差で通気がスムーズです。【引用:Amazon】

機能②入口はメッシュ~フルクローズまでOK

出典:Amazon

テントで意外に大事なのが出入り口の構造。出入り口をメッシュにすれば風通しを確保しつつ虫が入ってくるのもしっかりガードできるようになっています。

もちろん出入り口を布地でフルクローズにして冷気や風の入り込みを防ぐ使い方もできるので、まだ肌寒い春先や秋にかけての時期に大活躍するテントです。

暑いので、インナーのメッシュ部分は全開したが、メッシュを通して水滴が入ってくることもなかった。【引用:Amazon】

ただ夜は気温一ケタで寒かったですが、フルクローズできたので、問題ありませんでした。【引用:Amazon】

いろいろなメーカーのワンポールテントも見てみたい!という方はこちらも参考にしてください。

エクスカーションティピーはこう使う!①おすすめアイテム

前室付きでテント単体でも使いやすいですが、他のキャンプアイテムと組み合わせることで、より快適なテントサイトを作ることができます。

「タープ」でリビングを設置してより快適に

ワンポールテントはタープとの組み合わせもバッチリOK。もともとの前室に加えてタープで広いリビングを作ることでテント周りをより有効活用できます。

日よけや万一の雨除けはもちろん、ソロキャンプならゆったり自分だけの広々空間、ファミリーキャンプなら楽しい団欒の場所を作れるタープを活用しましょう!

コールマン XPヘキサタープ MDX グリーン

コールマン(Coleman) タープ XPヘキサタープ MDX グリーン 2000028621

Amazonで見る

クロスポールの脚の開き具合を変えるだけで簡単に高さ調整ができ、テント&タープ連結の定番「小川張り」もしやすい、コールマンの定番ヘキサタープです。

ソロ使用ならこれよりもワンサイズ小さい「XPヘキサタープS」もおすすめ!もちろん手持ちの他メーカーのタープと組み合わせてもバッチリです。

広々としています。大人二人、子供二人ではかなり余裕があります。設営も簡単で非常に満足しています。【引用:Amazon】

クロスポールの利便性はテントとの連結で生きてきます。クロスポールを使えば、小川張りが簡単に出来てしまいます。【引用:Amazon】

「小川張り」をはじめとしたテントのタープアレンジについてはこちらも参考にしてください。

NEXT 「グランドシート」でテント保護&湿気防止