桃娘って実在したの?中国都市伝説で語られる彼女達の生涯とその歴史とは?

中国秦の時代から伝わる都市伝説には、桃と水だけを与えられて育てられる少女の「桃娘」というものがあります。この記事では、どんな都市伝説なのか詳しく解説しています。桃娘の扱われ方や寿命、そして実在したのかについても解説しています。

この記事をかいた人

オカルト・ホラー・フォークロア・生き物全般に興味と情熱を注いでいます。

桃娘とは?

stevepb / Pixabay

桃娘、中国語でタオニャン(トウニャン)と呼ばれるその少女は、古くは紀元前700年前以上前から中国に伝わる、伝説上の存在ですです。

甘い香しさが立ち上るような素敵な名前ですが、その実態は「桃」のイメージからは程遠い、おそろしい言い伝えが元になっていました。

桃娘は中国の都市伝説

naobim / Pixabay

正確な文献は残されていませんが、その存在は数千年後までまことしやかに伝えられています。

あくまで都市伝説の範疇を出ないとされているものの、一説には、現在の中国でも密かに存在し続けているという噂もあります。人々がそうささやくのは納得できるだけの理由があるからなのです。

桃と水だけを与えられて育てられる

DayronV / Pixabay

そもそもなぜ桃の娘と呼ばれているかというと、その少女たちが食べることを許されているのは、桃と水だけなのです。他の物を口にすることは一切ないまま育てられます。

一体どうして、何が目的でそのような特殊な扱いを受けなければならなかったのでしょうか?次から順を追って説明していきましょう。

桃娘はどんな扱いを受けたのか?

YHBae / Pixabay

少女たちは食事内容以外にも様々な制限と、現代の感覚からすると信じがたい扱いを受けていました。

まだ人道や人権という概念が確立していなかった時代において、彼女たちは権力者のあらゆる欲望を満たすため、材料としての一生を送らなければなりませんでした。

性の対象として扱われた

桃娘を求めたのは主に富裕層でした。まだ乳離もれしていない幼い乳児を買い取って、離乳後は桃と水しか与えないように育てるのです。

いずれ育った頃には性交渉が求められますが、それは本筋の目的ではありません。むしろぎりぎりまで手を付けず、純潔を保つこと、神聖に近いことに意味がありました。

汗や尿を飲み、肉は食べられたと言われる

cegoh / Pixabay

少女らを買い取った者らの目的は、汗や尿などの体液です。桃しか食べずに育った子供は、分泌するものも果実のように甘やかな香りを放つと言われていました。

その体液と、そして身体そのものこそが、不老長寿の妙薬として大変に重宝されたのです。

桃娘は短命だった?その最期とは?

_Alicja_ / Pixabay

桃娘の名前には二つの意味があります。ひとつは先に説明したように「桃」だけを食べて育つ娘であることから。

そしてもうひとつは…彼女たちは常に「娘」と呼ばれる年頃の少女しか存在しないからです。その理由は無残でおぞましい末路が由来になっていました。

桃と水のみで栄養不足で虚弱体質だった

NEXT 桃と水のみで栄養不足で虚弱体質だった