キャンプツーリングに必要な装備から積載ノウハウまで!

アウトドア好きのライダーなら、いずれはやってみたいと思うキャンプツーリング!仲間とわいわいやるのも良いですし、一人孤独を楽しむのもキャンプツーリングの楽しみ方の一つです。ツーリングに必要な装備から積載のコツをお教えします。

この記事をかいた人

キャンプツーリングの装備は何が必要?

あなたの愛馬(バイク)はどんな種類のバイクですか?最近流行のアドベンチャーバイクなら、サイドパニアにトップボックスを付ければ積載量は十分あります。また逆にスーパースポーツで行くことになれば、リアにバックを積むのも一苦労。下道をトコトコ、スーパーカブに荷物を積んで出かけるなんてのも楽しいし、ビックスクーターもいっぱい積載出来ますね。まずは自分のバイクにどれだけ積載量が確保出来るか考えましょう。車種別に大まかに挙げるとこんな感じになります。

アドベンチャー系

こいつはあまり考えなくても大丈夫ですね。ただしハードパニアやトップボックスは荷物の大きさの調整がききません。長さの長いものや、かさばるものはそのまま積載が困難かもしれません。

 

ネイキッド系

いわゆる普通のバイクですね。こちらはキャリアが付いていれば簡単ですが、最近のものはデザイン優先ですからキャリアはあまりついていません。シートの形状もシングルシート風だと、ツーリングバックを固定する方法を考えないといけません。

クラシック系

こちらも最近流行りですね。キャリアが付いていてるか、シート形状がフラットならば、ツーリングバックの積載も容易かと思われます。布、もしくは革のサイドバックが付いていれば、こちらも案外積載出来ます。いわゆるアメリカンなどは工夫次第でコンテナボックスを積むことも可能です。

SS系

スーパースポーツのバイクです。基本サーキットを早く走るためのバイクですから…積載に関しては考えられていません。オプションでトップボックスを取り付けるか、リックを背負うか、タンクバックを取り付けるか。いずれにしても積載はミニマムにおさめましょう。

スクーター系

こちらは車種によってシート下のスペースがかなり差があります。リアにトップボックスが付いていれば両方で結構な積載が可能です。シートも比較的フラットですから、ツーリングバックの積載も容易です。ただしあたりまえのことですが、バックを付けるとシートが開かなくなるので注意が必要です。

いくらいっぱい積載出来ても、バイクはバランスの乗り物です。ダンデムで2名乗車だととても乗りにくい、もしくは乗り方を変えないといけないように、左右のバランスと前後のバランスも良く考えて積載しましょう。おおまかにメインバック(キャンプ道具一式、着替えなどまとめる)とサブバック(財布、携帯、必要ならカメラなど)に分けると便利ですね。

キャンプツーリングの装備品は何が必要?

オートキャンプと違って、たくさんの装備は持っていけません。行った先で何がしたいのか、写真を撮りたい、調理にこだわりたい、焚き火がメインなど。自分が何にこだわるかによって装備を考えましょう。またバイクの積載は法律で規定があります。重さ60キロ未満、長さ、幅はキャリア+30センチ未満、高さも2メートル未満となってます。ご注意を!

キャンプツーリングの装備 ツーリングバック

NEXT キャンプツーリングの装備 ツーリングバック