遠投カゴ釣りの仕掛けの作り方はどうする?動画やタックルもまとめて解説!

潮の流れや水深のあるポイントを狙う

沖と岸の近くを 行ったり来たりするような魚が基本的に多いので、潮が強く当たって流れをつくっていて、水深が深いポイントが釣り場として有望になります。そのような場所を狙ってみましょう。

実績のあるポイントを狙う

釣れている釣り場に行くと、長い竿を持って大きなウキやコマセの入れたカゴの仕掛けをさかんに遠くに投げている人を多く目にします。そんな場所が、意外と実績のあるポイントであったりするので、しばらく観察してみるのもいいと思います。また、WEBや釣り雑誌などで情報を集めて釣行しましょう。

遠投カゴ釣りのタックル(仕掛け)

遠投カゴ釣りのタックルは

  • 3~4号の遠投磯竿
  • 遠投用リール(2500~4000番のスピニングリ-ル ※ベイトリ-ルも可)
  • 道糸(ナイロン3~6号または PE1.5~4号)
  • 仕掛け(遠投ウキ10~12号、うき止め糸、からまん棒、シモリ玉、カゴと天秤(一体になっているものも可)、カゴ釣り用鈎、ウキ止め、ハリス)※PEラインときは、クッションゴムを使用します。

遠投カゴ釣りで使う竿

竿は、2~5号の磯竿を使います。これは、主にクロダイやメジナなどの上物釣りのために開発され、長くてしなやかなのが特徴です。カ-ボン製など軽量化されたものが多くの種類、出されています。

アジやタイなど小・中型魚狙いの場合

小・中型魚狙いの場合は、3~3.5号の磯竿を使うのが基本的です。仕掛けをより遠くに投げ込んで沖のポイントや潮目などを狙えるのがこの釣りのメリットですので、5m前後の長さだったらとそれができます。長めのものを用意しましょう。

ヒラマサ、ブリなどの大型魚狙いの場合

ヒラマサやブリなどの大型魚を狙う場合は、磯竿の4~5号を使うとよいと思います。小・中型魚狙い以上に遠投が必要なことが多くなりますので、できるだけ長めの5m以上のものを選びましょう。

おすすめの磯竿(遠投カゴ釣り用)

出典:楽天市場

人気のある磯竿を一品紹介します。日新の「プロスペック磯 KW遠投」です。この竿の最大の特徴は、糸絡みを自動的に解除する機能をもつガイドを搭載しているところです。実際に使用する場合は、遠投竿に求められる性能を遺憾なく発揮すると思います。

遠投カゴ釣りで使うリ-ル

リールを選ぶポイント

この釣りで使うリ-ルは、2500~4000番クラスのものがいいと思います。道糸にナイロンラインの4号前後を使用することを考えると、リールは、4000番程度の大きさがあると安心だと思います。さらに遠投性能に優れた、カゴ・磯遠投モデルを選ぶとよいと思います。大物釣りでは、それに加えて耐久性なども要求されます。10~12号のラインが100メートル以上は、巻ける糸巻き量のあるリールを選ぶようにしましょう。

NEXT おすすめのリ-ル