カラスウリは食べられる?苦味MAXだけど意外な花の美しさや使い道・効能が!

美味しそうな「カラスウリ」が食用にならないワケ

日本にも群生しており、手短な果実として利用できそうであるカラスウリは何故食用として利用されていないのでしょうか。中には自身で様々な処置を施して食している方もいらっしゃいますが、万人に向けた食料としては市場に出回っていません。

カラスウリに毒はない

カラスウリは動物や虫でさえ食べない植物、ということからかなりの毒性があるのでは、と思われがちです。しかしながら、カラスウリ自体に食べることによる体への悪影響はこれといってありません。そのため食べようと思えば普通に食べれてしまいます。

カラスウリの味

カラスウリの実の味は未熟な果実のように、ヒトが食べても美味さを感じられるものではなく、美味さとはかけ離れた苦みや渋みが勝るような味をしています。さらには1つ全て食べきると、その酸味やアクによって舌がイガイガするような感覚を受けます。

結論「カラスウリは食用に向かない」

様々な処置をして食べようとする方も中にはいらっしゃいますが、残念な事にカラスウリは食べるのも一苦労の植物です。その苦みやお世辞にもおいしいと言えない味はどのような工夫を凝らしても除去することは難しく、食べないという選択肢がベストなのかもしれません。

秋の風物詩として食欲の秋を彩る食材は沢山あります。その中でもサンマは調理方法によっても様々な楽しみ方があり、是非秋を楽しめるようカラスウリを食べる前に、こちらの記事も参考にしてみてください。

苦味マックス!カラスウリを食べた猛者たち

世の中には頑張って様々なものを食べようとする方もいらっしゃいます。ここでは人が食べるべきではない味を持つカラスウリをどうにかして食べれるようにできないかとチャレンジしている強者をご紹介させていただきます。

他にも一般には食べられないようなものを食べてみようと試みる猛者たちは沢山います。こちらではウオノエという魚に寄生している生き物を食べている方々をウオノエの生態も含めてご紹介しています。是非一度ご覧ください。

真っ赤な実を食べた勇者

タンニンがとても多く、それを除去することで苦みを取り除けないかとアルコールでタンニンを無くしてみたり、果汁をハチミツと煮詰めジャムにしてみたり、と様々な工夫を凝らしている方もいらっしゃいますが、残念ながら苦みや独特な味をぬぐうことはできなかったようです。

少し熟れ始めた実を食べた挑戦者

真っ赤な状態ではなく、緑の状態で完全に熟す前のカラスウリを食べてみた方もいらっしゃいます。無処理で挑戦してみたものの、とても食べられる味ではなく、塩漬けにしたり、加熱したりと様々な挑戦をされていますが、渋みは取れず決して食べれた味ではないようです。

苦みに強い?人もいる

カラスウリが美味しくない事が分かっていて挑戦する方はお腹をすかせて食べるといった心構えを持つ方もいらっしゃいます。口にすると一瞬の甘みの後、苦さがやってきますが、ヒトによってはその苦みはそこまで酷くないと感じる方もいるようです。

しかし、好んで食卓に並べようと考えるかというのはまた別の問題となってきます。苦みに強い方だとしてもそれを美味と感じるかは個人差があり、食卓を囲む全員が好んで食べるという事は可能性としても少ないため、選択肢に入れる事の出来る食材ではないのです。

NEXT 本当はカラスウリは食べられる!