ガイジーヌとは?意味や元ネタにガイジーヌの仲間も画像付きで紹介!

ガイジーヌの仲間??〇〇ーヌ5選

geralt / Pixabay

この項目ではいままで紹介してきたイーヌとはまた違った路線の〇〇ーヌを厳選してみました。

〇〇ーヌの定義は今やこんなにも広がり、幅広く変化し続けているのです。ちなみにイーヌだけでなく、ニャも登場しますよ。

ガイジーヌの仲間?①フウインサレシーヌ

No.1『フウインサレシーヌ』…「その昔、悪い魔法使いによって樹木に封印された犬が木の板に浮かび上がった姿です」と言いたくなるほど見事に犬の顔をした木目です。

封じられた犬と〇〇ーヌをかけてネーミングした人は天才と言えます。

ガイジーヌの仲間?②ガイジ~にゃ

No.2『ガイジ~にゃ』…猫界におけるガイジーヌの正当なライバル、ガイジ~にゃです。確かにこののっぺり顔はかなりのインパクトです。

今後はガイジ~にゃも流行し、世界的ミームになりうるかもしれませんので、注目していくべき存在です。

ガイジーヌの仲間?③タヌキーヌ

No.3『タヌキーヌ』…”祖父が犬を拾ったと言い張る”という一文とともに貼り付けられた、「そうです僕は犬ですよ?」とでも言いたげな顔のタヌキ。首輪と犬小屋が妙に馴染んだ様子です。

この画像が貼り付けられるとよく「おじいちゃん、狸に化かされてるよ」という返信がつきます。

ガイジーヌの仲間?④カプチーヌ

No.4『カプチーヌ』…ガイジーヌを愛するあまりラテアートにしてしまった作品です。腫れあがった輪郭と小さい目の絶妙なバランス感が見事に表現されていて、飲むのがもったいなくなるような出来栄えです。

Copparちゃんの飼い主・パトリック氏もまさか愛犬が食品アートになるなんて、きっと考えてもみなかったことでしょう。

ガイジーヌの仲間?⑤ドグーヌ

No.5『ドグーヌ』…見ての通り、土偶だからドグーヌです。人々ははるか縄文時代からイーヌを愛し、その肖像を愛でてきたのかと思うと感慨深いものです。

数千年前の人類にガイジーヌを見せたらどんな反応をするのか、ためしてみたいところです。

ガイジーヌになった勇敢な犬

Yuri_B / Pixabay

本家本元のコッパーフェイスがああなったのは、サソリを食べてしまったことによる”うっかり”が原因ですが、世の中には果敢にも、飼い主とその家族を守るために傷を負った犬がいます。

次からお話しするのは、そんな愛情深くて勇敢な犬たちの物語です。

ガイジーヌになった勇敢な犬①顔がパンパンになった「トッド」

skeeze / Pixabay

主人と散歩中にたまたまガラガラヘビと遭遇したゴールデンレトリバー・トッドは、主人を庇おうとして噛みつかれてしまいます。その毒を受けて顔がパンパンに腫れあがってしまいました。

まだほんの小さな子犬だというのに、大好きな飼い主を守るため、自ら毒蛇の前に立ちふさがったのです。

NEXT ガイジーヌになった勇敢な犬②顔の半分を失った「カバン」