エホバの証人はやばい?輸血禁止や体罰について解説!二世の苦悩も紹介!

エホバの証人がやばいとされる理由②エホバの証人の禁止事項

Skitterphoto / Pixabay

禁止事項は、輸血だけでなく他にも日常生活を送るうえで多くの禁止行為制限事項が設定されています。やむを得ない事情などで禁止事項の内容に背く必要が出てきた際などに信者の中には教団を脱退する信者もいます。

生活・娯楽について

Pexels / Pixabay

テレビなどの娯楽には、悪魔(サタン)による誘惑があるとしてほとんどの娯楽について禁止されています。幼児や子供向けの教育番組等は許されていますが争い物やSF・ファンタジー要素を含んだものは禁止とされています。

スポーツは禁止

composita / Pixabay

信者は、周囲の人と競争意識を持っているスポーツを行うことが禁止されていますが、自分が行うことが禁止されているだけでなく観戦することも禁止されています。学校で体育の授業をうけることも見学することもせず問題となったこともあります。

POPなどの音楽は禁止

Free-Photos / Pixabay

クラシック音楽は許可されていますが、ジャズ・POP・ロックなど歌詞がついている音楽は一禁止となっています。歌詞がついている音楽で唯一許されているのはエホバの証人の讃美歌ぐらいで、国歌や学校の校歌なども禁止とされています。

学校では、入学式や卒業式等国歌や校歌を歌う機会は多く存在しますが、信者の子どもたちは歌はないことはもちろんですが立ち上がることもしないことから度々問題として取り上げられることもあります。

ゲーム・マンガにも制限が多い

stevepb / Pixabay

パチンコ・カジノ・競馬・競輪などのギャンブル行為はもちろん禁止とされていますが、他には子どもが遊ぶTVゲームやポータブルゲームでもバトルゲームやシューティングゲーム等の戦い物のゲームは禁止とされています。

漫画や小説などの本も、性描写のある本や暴力関係・戦争などの戦い関係の本や少女漫画などの恋愛事情が描かれている本も禁止とされており、また、インターネットも基本的には禁止とされています。

ファッションの禁止事項が多い

rawpixel / Pixabay

服装に関する戒律も厳しく設定されており、特に禁止事項や制限が多いです。レースなどの透けているような薄着は禁止です。シャツのボタンも上から3つ以上ボタンを開けることは禁止されていますし、女性は短いスカートや短パン・スリットの深いスカートなども禁止とされています。

また、メイクに関しては濃すぎるメイクは禁止でナチュラルメイクのみ許可されています。派手な色のヘアカラーも禁止とされており耳たぶ以外のピアス・タトゥーも禁止となっているため、若い世代からするとオシャレができない戒律となります。他、修道女の服装などに興味のある方は、こちらを御覧ください。

食事の禁止事項が多い

cattalin / Pixabay

サラミソーセージやレバー等血が含まれている食べ物を摂取することは禁止されています。血がわずかでも残っている肉類は摂取してはいけないため、許されているのは完璧に血抜きができているもののみになります。他には、派手なパーティーやお酒の飲みすぎなども禁止とされています。

エホバの証人がやばいとされる理由③交際・結婚についての禁止事項

Takmeomeo / Pixabay

禁止・制限事項は交際や結婚についても戒律が存在しています。エホバの証人では、性的な欲求を持つことそのものが厳しく禁止とされているため男女の交際は好ましくないという方針があります。

NEXT エホバの証人の交際・結婚の禁止事項①男女交際には厳しいルール