エホバの証人はやばい?輸血禁止や体罰について解説!二世の苦悩も紹介!

エホバの証人の勧誘②グアテマラでエホバの証人の女性二人が死傷

4657743 / Pixabay

海外に布教活動を行っていた日本人の女性の信者が二人死傷する事件がグアテマラで起きています。3年ほど前からグアテマラで団体から派遣されたうえで布教活動を行っていたお2人ですが、グアテマラはあまり治安がいい場所ではないと言われています。

本部の了承を得たうえで布教活動を行うことになるそうですが、安全対策などを教団から専門的に教わることはなく自己責任となるとされていますが、もとより治安が悪いと言われている地域に女性2人だけで活動をさせる団体に疑問の声が上がっています。

エホバの証人の二世の苦悩

susan-lu4esm / Pixabay

教団に親が入信していると、子どもは二世と呼ばれエホバの証人への道に進むことが必然的に多くなってしまい集会に強制的に連れていかれることもあります。エホバの証人は禁止事項などの戒律が厳しいことなどから、子どもには苦悩となることがあります。

エホバの証人の二世の苦悩①子供は「夢を持つこと」を禁止される

Stergo / Pixabay

信者は夢を持つことを禁止されています。今存在している世界はいずれ滅びるとの教えがあるためと言われています。将来に向けての教育は無意味と言われ信者としての活動以外の将来は途絶えてしまいます。

エホバの証人の二世の苦悩②学校行事の参加・友人作りを制限される

sasint / Pixabay

エホバの証人の信者の子どもは入学式や卒業式などの学校行事で他の子どもたちが立って行動をしているときに、禁止されているがために座ったままでないといけないことがあります。また、同級生などとあまり関わりを持たないようにとされているため、通常の人間関係を築き上げることが制限されています。

エホバの証人の二世の苦悩③信者二世が脱退した例

johnhain / Pixabay

親がエホバの証人の信者で自分も集会に参加したことにより入信。部活動・友人関係などが様変わりしてしまったが、未来に訪れる楽園のためと信仰していたそうですが、子どもは教団から禁止とされている輸血が必要な状況だったことから、長い間信仰をしてきたエホバの証人を脱退する決断した例も存在しています。

エホバの証人の二世の苦悩④エホバの証人を信者を親に持つ人の著書

カルト宗教信じてました。 「エホバの証人2世」の私が25年間の信仰を捨てた理由

Amazonで見る

他には、親がエホバの証人であったことから、幼少期に親の勧誘活動の手伝いをしていた人などもおりその様子や自分はどうしたかったのかなどをわかりやすく漫画にしてツイートしたところ拡散したため、本での連載に行きついた著書になります。

エホバの証人の信者の有名人とは?

どの宗教を信仰するかは本人が決めるべきことです。そのため、有名人の中にも信仰している人はいます。日本では表立って公表をしているのお一人だけとなります。世界で見てみると知名度のあるお2人がエホバの証人の信者であることを公言しています。

矢野顕子

シンガーソングライターの矢野顕子さんはご自分がエホバの証人の信者であることを唯一公表している日本人となります。高校時代に下宿をしていた先の知人の奥さんが信者であったことから影響を受けて入信をしたと言われています。

現在は離婚をしていますが、元夫である坂本龍一さんも矢野顕子さんとご結婚されていたときはエホバの証人の研究生だったと言われています。そしてお2人のお子さんである坂本美雨さんも母親が非常に熱心な信者で有名なため、お子さんである坂本美雨さんも信者ではと囁かれています。

NEXT マイケルジャクソン