マミるとは?意味や使い方を解説!元ネタとなったまどマギのシーンも

マミるとは首を食われて宙吊りになることや悲惨な死に方になることを表すネットスラングです。元ネタはまどマギの3話での巴マミの死に際。その衝撃的な死に方はまどマギ以外のキャラクターが首を失い死ぬと「マミる」と評されるまで至り、辞書にまで収録されました。

この記事をかいた人

東京でITを学ぶ大学生。新しいことに色々挑戦中です。

マミるってどんな意味?

ijmaki / Pixabay

ネットで使われるスラング(俗語)の一つである「マミる」。元ネタを知らない人からすればいったい何のことかさっぱり分からないだろうと思います。この言葉の由来はあるアニメの「マミ」という名前のキャラクターに待ち受けていた、衝撃的な運命にあります。

頭を丸かじりにされて死ぬことを表すスラング

マミるの意味は「頭を丸かじりにされて死ぬ」ことです。頭の丸かじり以外にも、とても悲惨な死に方をした際にマミると言われることがあります。言葉の由来はアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の登場キャラ、巴マミ。彼女の衝撃的な最期は視聴者に大きなショックを与え、「まどマギ」は2011年のアニメ界でたいへん話題になりました。

後輩の前で取り返しのつかない失態を犯すこと

巴マミは主人公たちの先輩キャラとして登場しました。そしてこの「マミる」シーンの中では、マミは魔法少女としてのお手本を見せるため主人公ら後輩を引き連れて戦っていました。そんな状況でマミってしまったことから、「マミる」には後輩の前で取り返しのつかない失敗をすること、という意味もあります。

他にも「マミる」には太ってしまうこと、デブになることを意味する場合もあります。こちらはまどマギとは無関係で、中川翔子の飼い猫マミタスに由来するしょこたん語の一つです。マミる同様、アニメから誕生したネット用語「アッシェンテ」の記事もご覧ください。

マミるはどんな時に使う?

言葉からは想像もできない、悲劇的な意味が込められた「マミる」。悲惨な死に方の時に使う用語ですが、どうやって使うのがベストな使い方なのでしょうか。例文とともに、ネット上での「マミる」の使い方を見ていきましょう。

マミるの使い方・例文

基本的な「マミる」の使い方を、上述の「頭を丸かじりにされて死ぬこと」の場合と、「後輩の前で取り返しのつかない失態を犯すこと」の場合の2パターンに分けて、それぞれの例文を3個づつほど紹介します。

「首が切れてしまう」という意味での例

  • お気に入りのステッカーだったのにマミっちゃった
  • 集合写真で俺だけマミってたわ
  • まさかあのキャラがマミるなんて…

「頭を丸かじりにされる」という意味での使用例です。頭の丸かじり=首から上が無くなる、と変形して、キャラクターのシールの首から上が剥がれてしまったり、写真で首から上が見切れたりしたときに使います。

「後輩の前で失敗する」という意味での例

naobim / Pixabay
  • 今日から新人が来るのにマミっちゃった…
  • 先生がマミった
  • マミったけどまだ気づかれてないしセーフ

こちらの例は後輩が見ている状況でミスをするというシチュエーションのため、先輩や上司などの立場にないと使いどころが少ないでしょう。そのため、こちらの意味で使われることはあまりありません。

マミるの乱用に不快感を示す人もいるので注意

NEXT マミるの乱用に不快感を示す人もいるので注意