辻菜摘(ネバダたん)が起こした佐世保事件の真相と現在は?結婚してる?

平野区市営住宅殺人事件

Pexels / Pixabay

平成23年に起きた事件です。犯人は小学生からずっと家に籠り、以後30年以上そんな生活を続けていたのですが、このような状況になったのは実の姉が原因だと思って、実の姉を殺害したという事件。アスペルガー症候群でありながら、その考慮を全くしなかった第一審の判決に関してかなり問題視されました。

こちらでは日本で起きた事件でまとめまさせていただきましたが、世界でも精神疾患を持っていたり、アスペルガー症候群と診断された犯罪者による引き起こされた事件があります。やはりそこでも責任問題や精神勘定などが問題になっているのです。

佐世保小6殺害事件は様々な要因が絡む複雑な事件

Free-Photos / Pixabay

今回ご紹介した佐世保小6殺害事件は、僅か12歳の小さな女児が同級生である小さな女児の手によって命が奪われてしまった凄惨な事件なのです。彼女の殺意の元となった動機のきっかけは様々な要因が絡んでいる事も分かっていただけたはずです。またネットのチャットやSNS、更には交換日記など。先生や教師などの大人が介入しづらい場にトラブルの種があったのです。

何が悪かったのか?と考えてもその真相にはなかなか辿り着けないでしょう。どうしたら悲劇を防げたか?を考える事が大切なのではないでしょうか?今回の事件から学ぶべきことは人として一人の親としてもたくさんあるはずです。そして被害者となってしまったさとみさんにはご冥福をお祈り申し上げます。

被害者青木悠君のリンチ事件に関する記事はこちら

元少年A酒鬼薔薇聖人事件に関する記事はこちら