釣りの幅を広げる!カヤックフィッシングを楽しもう!

池、湖、川で狙える獲物

続いて、池や湖、川といった淡水のフィールドでは、ブラックバスやライギョ、ナマズ、トラウトなどを狙うことができます。霞ヶ浦・北浦水系のフィールドにおいては、葦まわりをポイントとして主にブラックバスやライギョを狙うことができますが、ここでも陸釣りやボート釣りでアプローチできないところに入ることができるというカヤックの強みが存在感を発揮します。葦まわりを積極的に攻めていきたいという方にこそ、カヤックフィッシングはオススメなのです。

フィッシングカヤックの選び方とは?

実際にカヤックを使ってカヤックフィッシングを始めようとするとき、まず考えるべきなのが、どのカヤックを選ぶかということです。そこで、フィッシングカヤックとしてどのようなカヤックを選べばよいのか、選び方を見ていきましょう。

フィッシングカヤックとして適しているのはシットオンタイプ

カヤックには、大きく分けて、シットインタイプとシットオンタイプの2種類があります。シートの座り方により分類されており、カヤック本体のなかに座るのがシット「イン」タイプ、カヤック本体の上に座るのがシット「オン」となりますが、カヤックフィッシングを行う際に適しているといわれるのは「シットオンタイプ」です。このシットオンタイプが好ましいとされる最大の理由の1つが、その安定性にあります。「カヤックの選び方=安定しているかどうか」といわれることが多いため、安定性があるかどうかを考えて選ぶことが大切なのですが、それは動きが大きい・多い釣りを楽しみたいと思うときであればあるほど、大切な基準となってきます。また、大きさとしては、池や湖などの淡水のフィールドであれば3メートル、海の沿岸部のフィールドであれば4メートルのものがよいでしょう。

カヤックフィッシングに必要な装備品

フィッシングカヤックを選んだあとは、装備品を選びましょう。カヤックフィッシングを行うときに必要な装備品としてまず挙げられるものが、安全対策としてのライフジャケットです。ここでは、ライフジャケットについて見ていきます。

ライフジャケットは必ず必要です

まずは、なんといってもライフジャケットです。カヤックフィッシングで、カヤックやパドル、ロッドなどの釣り道具と並んで最も大事なものがライフジャケットといわれています。水の上で行うことであるため、安全対策は必須であり、その対策の最も基本的なものがライフジャケットだからです。万が一、カヤックがひっくり返るなどして身体が水中に投げ出されてしまった場合、ライフジャケットがあるかどうかが命運を分けるといえます。また、カヤックと身体とを結ぶリューシュコードもあったほうがよいでしょう。

ライフジャケット以外にもこんな道具が必要です

ライフジャケットを選んだら、そのほかにはどのような道具が必要になるのでしょうか。カヤックフィッシングで必要な道具としては、カヤックを進めるためのパドル、海や川の河口部といった流れがあるフィールドで必要となるアンカーなどが挙げられます。では、ここからは、必要な装備品について見ていきましょう。

カヤックを進めるためのパドルで重要なのは軽さと耐久性です

なにはともあれ、パドルがなければカヤックを進めることはできません。移動のために必須となるこのパドルを選ぶときに大切な点が、軽さと耐久性です。たとえば海でのカヤックフィッシングでは、比較的長距離を移動することが予想されますが、漕いでいるときにパドルの重さが気になるようだと、肝心の釣りに集中することができなくなってしまいます。また、できる限り長く使い続けられるよう、耐久性に優れたものを選ぶようにしましょう。

カヤックフィッシングをより楽しみたいならアンカーも使いましょう

少しの波であれば、カヤックフィッシングを楽しむことができますが、より存分に楽しむためにはアンカーも必要です。せっかく好ましいポイントを見つけ、無事に到着したとしても、波に流されてしまっては釣りに集中することができず、釣果アップを見込むことが難しくなってしまいます。カヤックフィッシングの強みを最大限活かすためにも、アンカーを使用するようにしたいものですね。

NEXT カヤックをカスタマイズして、一歩上級の釣りを楽しもう