黄色い救急車は精神異常者を強制入院させる?都市伝説の由来と真相を検証!

黄色い救急車が来て精神異常者を強制的に精神病院に連れて行ってしまう。こんな黄色い救急車の噂を聞いたことは無いでしょうか?今回は日本全国でその存在が語られながら、その実態は未だによくわからない黄色い救急車の正体に迫り、黄色い救急車が必要なのではないかと思ったときの対処法も紹介します。

この記事をかいた人

都市伝説やオカルト・怪奇現象など、不思議なことが大好きです!

「黄色い救急車」とは

出典:PhotoAC

「黄色い救急車」とは、主に子どもの間で噂される都市伝説です。この噂は全国各地に広まっていますが、都市伝説やオカルト関係の本に載ることが少ないため、現実に存在していると信じたまま大人になる人も多いようです。

頭がおかしい人を精神病院に連れて行くという都市伝説

出典:PhotoAC

『「黄色い救急車」が現れて、頭がおかしい人を強制的に精神病院の鉄格子付きの部屋に連れて行ってしまう』という内容の都市伝説です。様々なパターンに変化して全国各地に広まっていますが、話の基本となる部分は同じ内容で伝わっています。

地域差がある「黄色い救急車」の色

精神科医・書評家の風野春樹がインターネットによる調査を行ったところ、救急車の色には地域差があることが分かりました。国内分布図を見ると「黄色」の比率が高く、特に関東や北海道では「黄色」での認知度が高いです。その他の地域では、「黄色」と「緑色」が混在しており、九州の一部では「緑色」の認知度が高くなっています。

一般的には「黄色」か「緑色」で認知されており、黄色は「イエロー・ピーポー」、緑色は「グリーン・ピーポー」と呼ぶこともあります。「青色」や「紫色」の話を聞いた報告もあり、茨城県では「黄色」と「緑色」に加え、「青色」が混在しています。「紫色」は、今のところ東日本からの報告に限られています。

通報するとお金がもらえる?

出典:PhotoAC

『黄色い救急車と関連のある組織に、頭がおかしい人の所在を通報すると、数千円のお金をもらえる』という付随する話も全国各地から報告されています。119番通報しても普通の「白色の救急車」しか来ないので、『特定の周波数の無線で呼ぶ』という話もありますが、無線の周波数は所属ごとに違うため、無線での通報は出来ないでしょう。

「黄色い救急車」はあくまで都市伝説上の存在

出典:PhotoAC

この噂は、まるで本当にあるものの様に、子どもの間で広まりました。話の内容の性質上、オカルト関係の本に載ることが少なく、都市伝説だったことが知れ渡る機会を得られないまま、伝え続けられているのです。

救急車の色は法令で決まっている

出典:PhotoAC

日本国内では、「消防自動車は朱色」「その他の緊急自動車は白色」「自衛隊や警察などの緊急自動車は白色以外でもよい」と、『道路運送車両法』という法令で決まっています。救急車は「その他」の部類に入るため、「白色以外の救急車」は法令の違反になります。黄色に塗装されている時点で、救急車とは言えないのです。

精神科関係者の多くも見たことがない

『昔からある近隣の精神病院が持っている専用の救急車』という説や、『一般の患者と精神病の患者を区別するために黄色に塗装されている』という説などがありますが、現実では、精神病の患者も「白色の救急車」で搬送されますので、多くの精神科関係者も「黄色い救急車」を見たことがないのです。

白色の救急車の『回転灯が「黄色」』『ラインやマークが「黄色」』という説もあります。車両は白色と決まっていますが、デザインは自由なので、「黄色」のシンボルが入った、精神病院の専用救急車が存在した可能性は高く、話が伝わる過程で「全体が黄色」に変化したとも推察できます。

病院の一般車両である可能性

出典:PhotoAC

救急車に限定すると、「黄色の救急車は存在しない」という結論になりますが、「精神病院が所有する一般車両」の場合、色の制限はありません。赤色灯やサイレンを使用した緊急走行は許可されていませんが、精神病院の名前が入った黄色の一般車両を目撃し、噂を真実だと思い込んだ可能性は高いといえます。

病院所有の患者搬送車は、その病院に所属している職員が乗車しており、一般車両の部類に入るので、赤色灯やサイレンは付いていませんが、救急車に非常に似た存在だといえます。現在では白色が圧倒的に多いのですが、過去には、精神病院が所有する黄色の患者搬送車が存在した可能性があります。

民間の患者搬送サービス車両の可能性

NEXT 民間の患者搬送サービス車両の可能性