キャロライナリグの作り方やアクションについて解説!タックル選びのポイントは?

ライトキャロとバスフィッシング

ライトキャロでバスを狙う場合はそのシーズンを見極めることです。バスは水温によって生息する場所が異なります。基本的にカバーと呼ばれる障害物を好みますが、冬場は安定した水温のそこへもぐっていきやすいバスなので、底面にはヘビーの方が向いているようです。ライトでも底を探ることができますが、活発に動きやすい時期に根掛かりを起こしにくいライトキャロを使ってポジティブに攻めてみましょう。

ヘビーキャロとバスフィッシング

バスフィッシングではヘビーキャロが人気です。というのもバスの習性が関係しています。バスはカバーと呼ばれる障害物や隠れる場所を好んで生息しています。バスが捕食する魚も様々ですが、水底のエサを食べることから、水底をを動くように操作できるヘビーキャロのズル引きが有効とされています。

まとめ

キャロライナリグがアジングやバス釣りにとても有効で優れていることが分かりました。ですが、結ぶポイントが多いこと、面倒くさい事でなかなか手を出しずらいのも現状です。有効な手段を取るために利便性を取るのか、手間ひまかけても有効性を重視するのかそれは人それぞれですが、手を出しずらい、敷居が高いと感じている人たちにも一度は使って新しい可能性をどんどん広げていってもらいたいものです。