シュラフ(寝袋)の種類と選び方!初心者はまずここから覚えよう!

シュラフマットも合わせて揃えよう

シュラフを使用する際の注意点として、シュラフだけでの使用は快適性に欠けます。シュラフの下に敷くシュラフマットというものがあります。保温性を高め、快適性があがるものです。シュラフを使う際は、シュラフマットを敷いて使うとシュラフの性能もより発揮できて快適なアウトドアライフになります。シュラフマットについてはこちらの記事で詳しく紹介しております。

人気ブランドのおすすめシュラフ7選

モンベルのシュラフ

日本のブランドで製造、販売だけでなく、社会活動やイベントなども実施されています。商品は素材にこだわり高品質なものがリーズナブルです。モンベルのシュラフはコンパクト軽量がとても工夫されています。素材にもこだわり保温性も高いです。

ダウンハガー900

マミー型。モンベルで一番豊富なラインアップを誇るシリーズです。素材はダウンと化繊があります。対応温度帯によって7段階の種類があります。ロングタイプ、女性用、バリエーションに富んでいるのも魅力です。

出典:mont-bell

ファミリーバッグ

キャンプ、車中泊に向いています。ジッパーがL字についているので開放すると大きなブランケットとして使えます。2つのファミリーバッグをつなげて使うこともできます。ファミリーキャンプに最適でリーズナブルです。

出典:mont-bell

エクセロフトカモワッチバッグ

出典:mont-bell
人型系のシュラフ。バードウォッチング用に改良され、手を動かしたり、歩いたりできる仕様です。迷彩柄と白で雪山での使用も可能です。バードウオッチングに特化したシュラフですが、アイデア次第であなたのアウトドアライフの幅を広げてくれるシュラフです。モンベルのシュラフについてはこちらの記事でも詳しくご紹介しておりますので、合わせて参考にしてみてください。

コールマンのシュラフ

アメリカのブランド。1905年からガソリンランプの製造から始まり、現在はアウトドア製品全般を取り扱っています。シュラフはキャンプ用が多く、登山には不向きです。キャンプの道具がリーズナブルな価格で多くそろっています。

フリースイージーキャリースリーピングバッグ

出典:Coleman

封筒型のシュラフです。封筒型のシュラフのラインナップはコールマンが一番豊富です。重量は2.7kg、連結することも可能なシュラフです。快適温度は0℃。丸洗いもできるのでケアは楽です。重量はかなりありますが、ザックに入れて持ち運ばないのなら問題なしです。

NEXT タスマンキャンピングマミー