うさぎパズルは怖くないホラーゲーム?攻略法やエンディングのネタバレ

アカズノハコのパズルを解きながら女から逃げるゲーム

PIRO4D / Pixabay

作中ではこのスライドパズルは「箱入り娘」と題されており、「父親」「兄弟」「母親」「娘」というピースは明らかに何かを象徴しています。

黒い女から逃げつつもパズルを解かなければならず、プレイ中は常に緊張感に迫られています。また謎解きもかなり難解なものとなっているため一度でクリアできる人はほとんどいないようです。

「うさぎパズル」の作者・作っちゃうおじさんとは

RyanMcGuire / Pixabay

こんな禍々しいゲームを作ってしまう作者とは、一体どんな人物なのでしょうか?

一介のフリーゲームながら、人気ゲームディレクターのお気に入りにまでなった名作を生み出したのは、「作っちゃうおじさん」と名乗る一人のゲームクリエイターでした。

作っちゃうおじさんとはブラウザゲームを制作している人物

Free-Photos / Pixabay

自称「作っちゃうおじさん」と名乗る彼は、実はまだ20代の若者。曰く、人が恐怖を感じている状態をいかに長く維持するか、ということを意識してゲームを作成しているとのこと。

また不明瞭な画面から想像力(恐怖)が想起されるという考えから、この時代あえて2D画面にこだわって制作を続けているといいます。

ストレスが制作のエネルギー?実体験から生まれた数々のゲーム

mohamed_hassan / Pixabay

彼はストレスがゲーム制作の原動力になっているといいます。また合コンに失敗した経験や、クリスマスのカップルを呪うフラストレーションが大いにパワーになったといいます。

現在は充実した私生活を送りつつも、鬱屈が生み出す創作意欲を忘れないよう心掛けているという、大変に意欲的なクリエイターでした。

月1で制作・公開している?twitterやブログで最新ゲーム情報も

LoboStudioHamburg / Pixabay

作っちゃうおじさんは、毎月1本を目安にブラウザゲームを公開しています。制作に携わった経験があればわかりますが、これはなかなかのハイペースです。

またtwitterやブログなどSNSで更新情報を告知してくれるため、本作でファンになった方は最新情報ゲットのためぜひフォローしておきましょう。

「うさぎパズル」の作者!作っちゃうおじさんによるホラーゲームを紹介

作っちゃうおじさんは数多くのゲームを手掛けていますが、その中でも目を引くのはやはりホラー系のゲーム。ここからは、その中でも特におすすめしたい名作をご紹介します。

ハイクオリティな反面、短時間でクリアできる手軽さも魅力です。実況プレイも許可されているので動画サイトで配信したい方もぜひどうぞ。

作っちゃうおじさんのホラーゲーム①呪いのエレベータ


呪いのエレベータは、青い女の顔をした怪物から逃げまわりつつビルからの逃走を目指す脱出ゲームです。

シンプルなストーリーである反面、謎解きはかなり難解で、ネット怪談で有名なあの話を知らないと攻略できないと言われています。実は次の記事にそのヒントが含まれています?!

作っちゃうおじさんのホラーゲーム②人食岩


うさぎパズルの前身ともいわれるホラー系スライドパズルゲーム、人食岩。パズルを解いて怪物岩を封印しましょう。

一定の法則があるのでコツをつかめばさほど難易度は高くないものの、静かに迫りくる岩の形相は夢に見そうな恐ろしさです。プレイに慣れたらハイスコアを目指して、ランキング上位に名前を連ねてみましょう。

かわいさの中に潜む狂気!おすすめゲーム集

8385 / Pixabay

うさぎパズルのように、だんだんとその容貌を狂気に変化させるゲームはお好きですか?

この項目では日本のみならず、世界中からそんな「愛らしさからの発狂」に着目したゲームをピックアップしてみました。どれも配信型ゲームであり、言語を重要としないため、どんなからも気軽にプレイできる点が魅力です。

NEXT Happy Daze