カラチャイ湖はソ連が隠蔽した世界一汚染された湖!ウラル核惨事の真実も

ウラル核惨事の隠ぺい

MichaelGaida / Pixabay

ウラル核惨事が起こった際、爆発後の状況に対処する兵士にさえ危険性について一切説明することもなく作業をさせていました。放射能による健康被害の知識を持たない彼らは何も知らされず、また事故について情報を漏洩した人間に対しては罰せられることもありました。

住民の強制移動

Free-Photos / Pixabay

この事故で広範囲に汚染された地域に住んでいた住民1万人以上が、事故から二年以内に何の説明もなく強制的に避難させられました。放射能事故の恐ろしさを知らず、50日以上汚染地域で過ごしていた人々は40~600ミリシーベルトの被ばくをしたとされています。最終的には200人以上が死亡し、27万人以上が被ばくしました。

事故処理に小学生まで駆り出す

sasint / Pixabay

事故処理に追われた軍隊は、付近の住民に強制的に作業をさせました。事故から二日後、一年生の子供までも一列に並べて畑の収穫の手伝いをさせました。収穫したジャガイモはトラクターで掘った溝に放り込ませました。住民が説明を求めても「汚染されているから食べられない」とだけ言われ、何に汚染されているのかは大人にも分かりませんでした。

1976年ソ連科学者の亡命により発覚

Bokskapet / Pixabay

マヤークでの事故は、1976年に科学者ジョレス・メドベージェフが亡命したことによって世界に知れ渡ることになりました。イギリスの科学誌に掲載された論文でウラル核惨事の概要が明らかになりましたが、ソ連はこれを否定し、原子力を推進している国々はこの論文を認めませんでした。核開発が国民に反対され研究が遅れるのを恐れたからです。

ウラル核惨事から32年後に発表

geralt / Pixabay

住民が放射能の恐ろしさに気が付き出したのは、1986年のチェルノブイリ原発事故以降。ウラル核惨事について政府が公式に発表したのは事故から32年も経ってからでした。その間もカラチャイ湖と周辺に住む住民は、長年にわたって放射能に汚染され続けました。

カラチャイ湖干ばつで最悪の事態に

_Marion / Pixabay

元から水量の少ない湖であったカラチャイ湖は、乾季のたびに干ばつに見舞われていました。1967年の乾季には完全に干上がってしまい、ストロンチウムなどの核物質を含む蓄積されていた汚染物質が乾き、地上に露出してしまいました。

1960年代カラチャイ湖干ばつで放射性廃棄物露出

Free-Photos / Pixaba

カラチャイ湖は、ヨーロッパに近いカザフスタンとの国境近くにある乾燥した地域に存在します。この付近は雨不足により干ばつ状態になることもしばしばあった為、カラチャイ湖自体の水が干上がり、地図からその名がなくなってしまうこともありました。湖底に蓄積していた放射性物質が地上に出てしまい、汚染が広がり始めます。

カラチャイ湖に吹く強風により放射性物質拡散

Comfreak / Pixabay

この干ばつによって地上に露出した汚染物質は、岸辺からの強風で粉塵となって空高く舞い上がり、広範囲に汚染を撒き散らかしました。この放射能を含んだ強風は、再度周辺に住む人々を被ばくさせました。

NEXT 2700平方キロメートルが汚染される