吉作落としは日本昔ばなしのトラウマ回?怖すぎるあらすじと教訓、助かる方法も

吉作落としは、怖くて有名なお話です。一人崖に取り残され、判断力を失い命を落とす様子がトラウマになった人も多いです。吉作落としのあらすじと、どうすれば助かったのか検証すると共に物語の教訓について解説していきます。

この記事をかいた人

1986年生まれ。2児の母。

吉作落としとは?怖い日本昔ばなしとして有名

ara0w0ara / Pixabay

小さいころ「日本昔ばなし」を見て、怖い思いをしたことがある人は多いのではないでしょうか。

稲むらの火など、今の時代に通じる教訓のような話も多いですが、中にはトラウマになるほど怖い話も数多く含まれています。

日本昔ばなしの中で五本の指に入るほど怖いと言われる

Alexas_Fotos / Pixabay

太鼓を持った男の子が出てきて、名曲が流れ始まる日本昔ばなし。強く覚えているのは恐ろしい話の回ですよね。

日本昔ばなしは1000話以上ありますが、この話はベスト5に入るほど恐ろしい話とされています。

特に高所恐怖症の人は絶対見てはだめとまで言われている、有名なお話です。

怖い話に関する記事はこちら

吉作落としのあらすじ①

voltamax / Pixabay

「吉作落とし」、吉作はどのような人物で不幸な運命を辿るのでしょうか。

主人公の吉作は一人暮らしの青年

genesis_3g / Pixabay

吉作は一人暮らしの若者です。

小さい頃に父を亡くし、長らく母との二人暮らしをしていましたが、その母も死んでしまいそれ以来ずっと一人で過ごしてきました。

吉作はたくましい体をした、やさしい心の持ち主でした。

吉作の仕事は崖に生えている岩茸を取ること

12019 / Pixabay

彼の仕事は、岩茸という珍しいキノコを採ることした。岩茸とは断崖絶壁の岸壁にしか生えないキノコで別名は「仙人のキノコ」。命がけの仕事でした。

いつものように命綱一本で崖を降り作業をしていた

ある晴天の日、吉作は初めて登る岸壁へ仕事にでかけました。

この日も山の頂上に一人で登り、命綱一本で反対側の岸壁の頂上から降りて岩茸を採っていました。

休憩のため、崖で命綱を外した

Pexels / Pixabay

長い間仕事をしていた吉作は、苦しい体勢が続く作業に疲れを感じます。ふとその時、吉作の目に入ってきたのは崖の途中に人が一人座れそうな岩棚でした。

吉作はその岩棚まで降りて休憩することに決めます。やっとのことで岩棚に着いた吉作は命綱から手を離し、腰を下ろしてしばらくの間休んでいました。

気付いた時には命綱が上に上がっていた

NEXT 気付いた時には命綱が上に上がっていた