「邪神モッコス」とは?ある意味で伝説となったフィギュアに迫る!

「邪神モッコス」とは、PS2のゲーム『ゼノサーガ エピソードII[善悪の彼岸]』に登場するKOS-MOSというキャラクターのフィギュアの1つ。あまりの出来の酷さから当時ネットで話題に。今回は邪神モッコスの詳細や今の値段、同じく邪神と呼ばれるフィギュアなど紹介。

この記事をかいた人

ranmaruは愛犬の名前です。動物が大好きです。趣味は料理やお菓子作りです。

「邪神モッコス」とは?驚きの見た目から邪神と呼ばれているフィギュア

KELLEPICS / Pixabay

皆さんは「邪神モッコス」をご存じでしょうか?2004年6月、ゲーム『ゼノサーガ2』の際限定盤に付いてきたアンドロイドの少女「KOS-MOS」のフィギュアのことです。

このフィギュアはゲームの中の可愛い姿とは程遠いあまりにも酷い残念な姿でした。想像を絶する雑な造りと恐ろしい表情に虜となる人が続出。瞬く間にネット上で話題に!

祟りだ、呪いだ、との声が上がり始め次第に人間にとって災いを与える神=邪神として崇拝するファンも。たちまち「邪神モッコス」としてフィギュア界の伝説を作ったのです。

邪神モッコスとして話題になったキャラ「KOS-MOS」について紹介!

Capri23auto / Pixabay

巷でブームとなった邪神モッコス。そもそもゼノサーガの世界でKOS-MOSとはどのようなキャラクターなのでしょうか。

KOSーMOSはゼノサーガシリーズのキーとなるキャラクター

DG-RA / Pixabay

「邪神モッコス」生みの親、KOS-MOSとは、ゲーム「ゼノサーガ」シリーズに登場するキャラクター。

シリーズを通して大きな鍵を握る少女でこの作品の世界を象徴する人物でもあります。

ジャケットのキャラクターとしても選ばれており、「ゼノサーガ」を象徴する存在です。

KOS-MOSは身長167㎝・体重92㎏のアンドロイドの女性

geralt / Pixabay

KOS-MOSは『Kosmos Obey Strategical Multiple Operation System』の略称。 訳して『秩序に従属する戦略的多目的制御体系』。

人類の敵とされるグノーシスに対抗する為に開発された戦闘システムの総称で、彼女個人の名前ではありません。

開発者はXenosagaシリーズに登場するシオン・ウヅキ。身長167㎝・体重92㎏の女性の戦闘用アンドロイドです。

青い髪で透明感のある容姿のKOS-MOS

MabelAmber / Pixabay

KOS-MOSの外見は人間と同様で、白い肌、赤い瞳、長く青い髪が特徴。端正な顔立ちで透明感漂う美少女です。

Ver.2では白いミニスカートとブーツを装着しています。ゲームの中では「邪神モッコス」とは似ても似つかない姿です。

物語の中でのKOS-MOSとは?

geralt / Pixabay

物語の中でKOS-MOS。なぜ造られ、どんな特徴だったのか、またどのような役割を担っていたのでしょうか。

全身アンドロイドである彼女の魅力を紐解いていきましょう。

劇中でのKOS-MOSの行動は基本的に支配されていた

Joggie / Pixabay

劇中での行動は「任務」「論理」「効率」の三原則に支配されており、この三原則を優先としながら、無条件に開発者であるシオン・ウヅキを守護するよう、高度にプログラミングされています。

常に冷静な印象であるKOS-MOSですが時に暴走をしたり、人間的な感情を感じさせる行動をとる事も。シオン・ウヅキさえも知らない装備や能力を発揮する場面もあり、謎に包まれています。

ゲームの中での冷静なKOS-MOSと「邪神モッコス」のゆるっとした表情は結びつきません。

規格外の装備を持っている

NEXT 規格外の装備を持っている