【2018年】グランピングテントがおしゃれすぎる!注目7選をご紹介します

目次

[null,0],”4″:[null,2,16777215],”10″:2,”11″:3,”12″:0,”15″:”Arial”}”>おしゃれなグランピングテント①キャンピングウィズソウル BELL TENT500 ULTIMATE PRO MESH

出典:Amazon

価格 149,800円(2018年10月16日現在)
サイズ 直径600㎝×高さ300㎝、19㎡
素材 コットン100%

おすすめのポイント

キャンピング・ウィズ・ソウル社は英国ロンドンに本社があるキャンプ用品メーカーで、2007年に始まった欧州でのグランピングブームの波に乗って成長した会社です。元々グランピングは英国の貴族がキャンプを快適に楽しむために考案されたという説もあり、まさに発祥の地英国のメーカーとして注目を集めています。このテントもテント生地は100%コットンでやさしい風合いを出しており、高さ3メートルのセンターポールから側壁60センチの高さに美しい曲線で天井が流れてくるというまさにベル型テントの典型という王道の一品です。

出典:Amazon

[null,0],”4″:[null,2,16777215],”10″:2,”11″:3,”12″:0,”15″:”Arial”}”>おしゃれなグランピングテント②ノルディスク アスガルト オーガニックコットン19.6

出典:楽天

価格 259,200円(2018年10月16日現在)
サイズ 500㎝×470㎝×高さ300㎝、19.6㎡
素材 コットン100%

おすすめのポイント

ノルディスク社は北欧デンマークの老舗アウトドア用品メーカーで、日本のグランピングテントの大多数が同社製ということで日本においては最もポピュラーな存在です。しろくまのマークが可愛らしくて印象的という女性も少なくありません。今回おすすめする「アスガルト オーガニックコットン」は、テント生地に100%コットンを使用した同社の最上級モデルとなっていて価格も相応ですが、同モデルの「12.6㎡タイプ」や「ポリエステル65%+コットン35%のモデル」もあるので、価格と相談しながら検討してみてください。

[null,0],”4″:[null,2,16777215],”10″:2,”11″:3,”12″:0,”15″:”Arial”}”>おしゃれなグランピングテント③LOGOS スペースベース デカゴンコスモス-AG

出典:楽天

価格 149,800円(2018年10月16日現在)
サイズ 直径610㎝×高さ295㎝
素材 ポリエステル

おすすめのポイント

日本ではお馴染みのアウトドアメーカーであるLOGOS社製のドーム型テントです。ベル型テントと違って中央にポールが立たないので、直径610センチ、高さ295センチのテント内空間をより広く感じるという効果があります。テント素材がポリエステルなので耐水性は非常に高いのですが、グランピングの雰囲気を重視したい方には残念ながらお勧めできない部分もあります。このテントをグランピングテントとして使うならば夏につかうのがおすすめですので、夏のグランピングにご検討ください。

[null,0],”4″:[null,2,16777215],”10″:2,”11″:3,”12″:0,”15″:”Arial”}”>おしゃれなグランピングテント④キャンバスキャンプ シブレー400

出典:楽天

価格 129,600円(2018年10月16日現在)
サイズ 直径400㎝×高さ250㎝、12.4㎡
素材 コットン100%
NEXT おすすめのポイント