おっさん二人は検索してはいけない言葉?チェーンソーを使った惨殺事件【閲覧注意】

動画の内容を再現したイラストと人形劇がある

tskirde / Pixabay

おっさん二人の動画内容を、イラストや人形劇などで表現していらっしゃる方が存在します。

動画で見るにはかなりグロテスクな表現ですが、イラストなどになると少し緩和されるため、内容がどうしても気になる方は、検索してみてください。

しかし、実物ではないとしてもグロテスクな表現には変わりがないため、検索や閲覧は自己責任で行うようにしましょう。

「おっさん二人」は何者?

Free-Photos / Pixabay

では、このおっさん二人は何者なのかについてもご紹介させていただきたいと思います。おっさん二人が誰かわかれば、紐解ける内容も多いかもしれません。

おっさん二人がこのような悲劇に遭遇してしまったのには、訳があります。そしてその訳がおっさん二人が何者だったのかという事に関連するのです。

おっさん二人は麻薬カルテルの運び屋だった

melkhagelslag / Pixabay

麻薬がグレーゾーンとして人々の争いを生んでいるメキシコで、麻薬の運び人を行っていたのが、このおっさん二人で殺された男性達です。

また、このおっさん二人組は、肉親だったようです。叔父と甥の関係にあり、二人とも麻薬の運び人として同業で生計をなしていたとされています。

おっさん二人は「麻薬王」のために働いていた

katicaj / Pixabay

おっさん二人はメキシコの麻薬王と呼ばれている男のもとで、合衆国へ麻薬を運ぶ役割を担っていました。

そこで、抗争相手に捕まり、見せしめとして動画が撮影されている中、このおっさん二人は無残にもこのような事態に陥ってしまったのです。

rebcenter-moscow / Pixabay

二人が真っ当な仕事で生活していたならば、このような事態には陥らなかったといっても過言ではないでしょう。

そういった点から自身で行ったことは、自身の身に帰ってくるという教訓となっている動画です。

なぜ「おっさん二人」のようなスナックフィルムが存在しているのか?

普通に考えれば、おっさん二人のような存在してはいけない映像は流出しないように、削除されるはずです。

では、なぜおっさん二人の映像は消されることなく、公の目に触れてしまったのでしょうか。

メキシコでは麻薬紛争の見せしめとして公開された

5187396 / Pixabay

麻薬の取締にまだまだグレーな部分のある国では、おっさん二人の動画は見せしめとして公開されています。

それは麻薬商売の抗争相手であったり、相手に加担する可能性のあるものへだったりと、対象は様々です。

「おっさん二人」の言葉はネット上で話題に

377053 / Pixabay

これは切ない(泣)

斧でやってやりゃ一発なんだけど苦しみを与えるために(引用:検索してはいけない言葉Wiki)

インターネット上のコメントでは、実際に見た方の感想が存在します。その中には、おっさん二人の虚しさを表すコメントや、チェーンソーやナイフといった痛みを与える武器に関するコメントなどが寄せられています。

元々、このようなグロテスクな映像を見る方自体少ないため、見ている方々のコメントからしても、おっさん二人がグロテスクだといったコメントはありません。

見ている方々は、自身でグロテスクな映像である事がわかっているため、そこには触れるまでもないという事なのでしょう。

NEXT 「おっさん二人」のようにギャングによって殺された動画【閲覧注意】