キス釣り竿はどう選ぶ?選び方のポイントやおすすめををご紹介します!

大物キスを狙うなら

大物を狙うなら、養殖棚やイカダの係留ロープの際など、障害物の下やその付近がおすすめです。エサとなるゴカイがカキガラなどにつくため、大物が寄ってくる可能性があります。

キスの釣り方の種類

ビギナーにおすすめ、「チョイ投げ釣り」

この釣りは、小さいオモリのついた仕掛けを軽く投げて、海底を探りながら釣る方法です。はじめてキス釣りを始められる方へのおすすめの釣りだと思います。キスはもちろん、何が釣れるかわからないワクワク感も、何とも言えない、この釣りのおもしろさです。チョイ投げは、堤防での釣りが主ですが、近場の食い気満々の魚たちが多くいるので、ほんの20m~30mほど仕掛けを投げるだけでも釣果が期待できる釣りです。

広大なサーフでの爽快な「遠投・投げ釣り」

この釣りのフィ-ルドは、広大な砂地です。1本の竿を手にし、リールを止めたり巻いたりしながら、仕掛けを動かし、それをタ-ゲットのいる場所に持って行くことにより、それを釣り上げるものです。この釣りの魅力は、なんと言っても 大空に向かって思いっきり振りかぶり、キャストする爽快さです。

100m以上沖にいるキスのアタリの感触を手元で感じ取れるというのも、もう一つの魅力ではないでしょうか。 しかし、その喜びを味わうには、それなりの技術が必要で、何度も練習と経験を積み重ねて釣れた時、最高の投げ釣りの楽しさを体感できると思います。

船やボートからの釣り

家族連れで楽しめ、比較的に簡単にキスの顔を見ることができる釣りです。場所を問わず狙えるターゲットなので、砂地が絡んでいるポイントでは、狙える魚です。この釣りは、竿下から攻めていき、仕掛けが着底したら、糸ふけを取り、ピンと張った状態でアタリを待ちます。

アタリがなければ、仕掛けを軽く持ち上げて、またゆっくりオモリを着底させます。竿は、50cmほど持ち上げる程度でよいでしょう。また、数回、着底させた後、竿先を立てて仕掛けを持ち上げたり、ゆっくりと下げたりすると、さらに効果が増します。

キス釣り竿の種類と選び方

投げ釣りで使う竿(ロッド)の選び方

この釣りでは、竿選びが重要です。選ぶ竿によって、飛距離などが変わってくるからです。長い竿であるほど飛距離が伸びます。ちょい投げ釣りでは、軽く近くのポイントに投げるだけなので、飛距離はあまり関係なく、竿の長さはそれほど重視する必要はありません。

一方、遠投の投げ釣りは飛距離を重視しますので、長めの竿が大切になってきます。飛距離には、竿の長さとオモリの重さがかなり関係しますので、この釣りで使う竿の選択は、長さと号数に特に注意することが大切です。

理論上、ある程度までは、オモリが重いほどよく飛びますが、重くなれば、それだけ投げるのが難しくなってきます。竿を選ぶ際は、専用の竿や代用できる竿(磯竿やルア-ロッドなど)から自分に合ったものを選ぶとよいと思います。

船でキス釣りをする場合の竿(ロッド)の選び方

今からキス釣りを始め、そのためだけに竿を購入しようとしている人には、専用の竿をおすすめします。なぜなら、キスの繊細なアタリにも対応でき、感度のいいものに仕上げられているからです。軽量なので、長い時間の手持ちした釣りでも疲れることがありません。

人によっては、キス釣り以外の釣りもされるかもしれません。そういう方は、現在、お持ちの竿を代用するのもよいと思います。例えば、エギングロッドやバスロッド(ミディアムライト)などは、代用できます。いずれも感度がいいですので、キス釣りにはもってこいです。

また、オモリ負荷20号、長さ2m前後の船竿でも使えます。できれば、キスのアタリが取りやすい先調子の竿がよいと思います。繊細なアタリが取れないようでは、釣りになりませんので、船竿を選ぶ場合、その点を注意しましょう。

おすすめキス竿①

シマノ (SHIMANO) 投げ竿 17 ホリデースピン ショートモデル (振出) 275HXTS

出典:Amazon

スピニングロッド【全長:2.75m  継数:4本  仕舞寸法:79.5cm  自重:170g】

この竿は、堤防からサーフまで、取り扱いやすいショートモデルです。振りぬけや取り回しの良さのため、女性や子供、シニアでも扱いやすく、軽快な投げ釣りができます。コンパクトな振出モデルのため、携帯性にも優れ、手軽にキス釣りを楽しめます。コントロールの精度をよくするキャスコングリップを搭載しており、新たに採用された塗装技術で高級な感じを持たせています。

NEXT おすすめキス竿②