ノコギリザメのノコギリはどういう役割があるの?!気になる生態をチェックしよう!

サメの中でも高級魚

サメは普通に食用とされているは、みなさんもご存知だと思います。この魚も、同じように食用として食べられています。しかも、その中でも高級な部類に入るようです。そんな高級魚なのに有名ではないのは、漁獲量が原因かもしれません。

知らず知らずに食べてるかも

サメはどのように食べられているかご存知でしょうか。フカヒレスープなどは有名ですね。他にはカマボコなどに加工されています。実は、この変わった形の魚もカマボコに加工されているようなのです。もしかすると、今までも知らないうちに口にしているのかもしれません。

ノコギリザメのレシピを紹介

この魚を、もし釣ることが出来たら、どう調理したら美味しく食べることが出来るでしょうか。癖のない白身のこの魚肉を美味しく食べる方法を紹介してみたいと思います。釣れた時に美味しく食べるために、前もって調べておきましょう。

おいしい唐揚げに

唐揚げにすると、美味しく食べることが出来るようです。臭みのない魚肉のためとても食べやすいでしょう。これなら自分でも調理することが出来ると思います。この魚が手に入ったら、是非、挑戦してみたいですね。

味噌汁や生食でも簡単調理

唐揚げは、普段料理をしない人には少しハードルが高いかもしれません、簡単な調理方法も紹介したいと思います。まずは、味噌汁です、食べやすいサイズにぶつ切りにしてネギなどの野菜と一緒に味噌汁にします。良いダシが出てとても美味しいようです。生食は、軽く湯びきして酢味噌で食べても美味しいでしょう。

ノコギリザメとノコギリエイ

この魚を水族館へ見に行くと、とっても似ている魚を見つけることがあるかもしれません。似ている魚は、サメでは無くエイの仲間のノコギリエイだと思います。平たい体や、もちろんノコギリも、まったく同じに見えるほどです。この2匹魚の違いを紹介します。

2匹の魚を見分ける方法

簡単に見分ける方法は、2か所です。ひとつ目は顔先のノコギリにヒゲが2本生えていますが、エイの方にはありません。ふたつ目はエラの位置です。体の横にあるのがサメで、体の下についているのがエイになります。まったくの別種なので他にも違いはありますが簡単なところは、この2か所になります。

同じ進化を遂げた不思議

良く見ないと見分けのつかない、この2匹ですが、一方はサメの仲間で、もう一方の魚ははエイの仲間とまったくの別種です。それなのに同じようなノコギリ型の突起物を持っているのは非常に不思議で面白いですね。同じ環境で進化したからだとは思いますが、とても不思議な部分です。

ノコギリザメを水族館、まとめて他の魚もチェックしよう。

水族館に実際の姿を見に行こう。

このとっても特徴のある魚を釣ることが出来れば非常に楽しいとは思いますが、まずは色々な水族館で、この魚を見ることが出来るので見に行ってみましょう。実際にみると、画像で見るよりもかわいい魚と言うことが分かると思います。売店でぬいぐるみの販売も行われているほどです。この魚が生活している環境に他にどのような魚が生息しているかなども、一緒に見てくれば釣りにもきっと役に立つことでしょう。釣りに関して以外にも、この魚の顔先の突起物の役割や生態についても詳しくチェックすることが可能だと思います。身近に、こんなにも興味深い魚が住んでいるのですから是非より多くの方に知って頂ければと思います。