ダツは刺さるって本当!?危険だけどおいしいダツ情報まとめ

油断は禁物

ダツはサメや猛毒を持つ魚に匹敵すると言われる魚です。釣りあげる際には十分な注意が必要です。誤ってダツの口が目に刺さってしまい失明なんてことや、ダツのギザギザした歯でうっかり指を怪我するなんてこともあります。素手で触ったりすることはやめましょう。持ち帰るときには口ばしは切除したほうが良いです。

ダツは嫌われ者?

外道にされがちのダツ

ダツを専門で釣る人はほとんどいないというくらい、ダツは外道とされています。メジナ釣りやシーバス釣りでよく掛かることが多いです、調理の仕方も一般的に出回っているわけではなく危険な魚とされているので好んで釣る人は少ないようです。

ダツはおいしい?

そんな危険な魚おいしいの?

ダツは小骨が多く処理がしづらいという理由であまり好まれてはいません。しかし、脂分が少ない為さっぱりしている淡白な魚です。特に、小骨の多い部分を避けてれば、刺身として特においしく食べることができます。

ダツのさばき方

まず、鱗取り器で、鱗を綺麗にとります。鱗が取れたら、頭を落とします。胸ヒレの根元に包丁を入れ、まっすぐ頭を落とします。その後、お尻に包丁を入れ開き内臓を取り出します。内臓が取れたら包丁の先で血合いを傷つけ血合いを綺麗に流します。血合いを流したら、3枚におろしさく取りをしましょう。

ダツをおいしく食べるレシピを紹介

塩焼き

魚料理の定番の、作り方もシンプルな塩焼きは魚のうまみを楽しめる料理です。小ぶりなものではなく、少し大きめのダツは3枚おろしにした後、塩を振りかけて両面を焼けば完成です。身が薄い為、食べる部分は少ないというのが残念です。

唐揚げ

塩焼きと同様に3枚おろしにした後に、塩・胡椒などで味付けをします。(ガーリックパウダーなどでの味付けも一味違った風味がでておいしいです。)片栗粉をまぶして油で揚げれば完成です。この際に、揚げすぎには注意しましょう。脂分が少ないので、揚げすぎるとパサパサになってしまいます。

カルパッチョ

ダツは淡白な魚なので、刺身としても十分おいしいのです。しかし、刺身だけでは物足りないという場合はカルパッチョもお勧めです。薄くスライスしたダツに塩・胡椒・オリーブ油・レモンをかければ簡単にカルパッチョの出来上がりです。白ワインのお供にいかがでしょうか。

NEXT フライ