キス釣りの遠投の投げ方をご紹介!遠くのキスも遠投で攻略!

キスの遠投釣り向けエサ

よく使われるエサは

キス釣りのエサの定番は、アピール力のあるアオイソメかジャリメ(イシゴカイ)のどちらかです。両者を比べると、見た目はよく似ていますが、アオイソメは太さも長さもジャリメより大きく、ジャリメは、柔らかさの点で優っています。価格の面でも高く、取り扱う釣具店などが少ないので、アオイソメを使っている釣り人が多いのではないでしょうか。

ジャリメは、多くのアタリを呼び寄せる

魚は動きがあるものに反応するという習性を持っており、虫エサは活きのよさという点で効果的なものです。両者を比較した場合、ジャリメの方が水中での動きがよく、キスへのアピール力があります。また、細く柔らかいので、キスの小さい口に合い吸い込みやすいので、多くのアタリを得ることができます。

濁り潮や大物キスには、アオイソメ

海水が濁っている時は、イソメの体表から発する光によって、視認性がよく、キスを呼び寄せる効果があると言われています。また、太さや大きさあるため、小さめのキスは敬遠しても大型キスなら飲み込める可能性があり、大物をゲットしやすくなります。

キスの遠投釣りの釣り場

キス釣りの遠投と言えば砂浜

この釣りの釣り場は広い砂浜が舞台となります。思いっきり遠くへ投げて、キスの連掛けするのは魅力であり、気分爽快です。しかし、砂浜と言っても広すぎて、どの場所でどのくらい先に投げたらいいか迷うことが多いかもしれません。

キスは、足で釣れ

広い砂浜では、どこにキスの群れがいるか、日によっても違ったり、群れ自体が移動したりするためキスは足で釣る、つまり色々とポイントを変えながら釣る必要があります。特に、川の投げれ込み付近や藻が生えている近く、海底の根回り、離岸流の周辺など、キスが居そうなポイントを探して、砂浜を丹念に釣り歩くとよいと思います。さっきまでよく釣れていたとしても、アタリが止まったら場所を移動すると良いでしょう。

キスの遠投釣りの釣り方

竿を出す前に必ず海の状況をチェック!

釣り場に着いたら、海の状況はどうなっているか確かめましょう。風と波、藻やゴミの状態を確認し、状況が悪い場合は、竿を出さずに別の釣り場に移動した方が良いです。事前に釣り場の情報をWEBなどで確認していれば、釣り場の選択が容易にできます。一般的には、午後からは風が出やすいので、明け方から釣り始めるのがよいでしょう。

確実にポイントにキャスト!

釣りは、遠くへ投げることから始まります。少なくとも100m以上は投げられるようにしたいものです。投げる前は、まわりの状況をよく確認してからキャストするようにして、確実にめざすポイントに仕掛けを投げ入れられようにしましょう。

NEXT キス釣りは、仕掛けをサビいて誘うが基本