SVライトリミテッドでバス釣りにでかけよう!インプレや性能を紹介

投げ方の種類と選択

投げ方の方法は、①オーバーヘッドキャスト(周辺に障害物などがないときに使い、一番飛距離が出ます。投げ方の基本です。)②サイドキャスト・バックハンドキャスト(手返しがよい投げ方です。頭の上などに障害物があり、①ができないときに使う投げ方です。)③ピッチング(足元付近に正確に投げる場合に用います。ピンポイントでバスを狙うときにはもってこいの投げ方です。)④ダウンショット(ネコリグなどを太めのラインで快適に使えます。)の4つがあります。①~④の投げ方を釣り場やSVライトリミテッドの機能が一番発揮できる場面で使い分けるとよいと思います。

SV ライト リミテッドの使い方

使い方は、SVとエアの中間を埋める

例えば、タトゥーラSVで5gから12gであれば、ストレスなく投げることができますが、軽いルアーだと投げられても、少し神経をつかって投げなければならないときがあります。狙うポイントに届かなかったり、満足できる飛距離が出せなかったりするので、ここに、このリールが活躍する場があります。

使うルアー重量として最も使いやすいのは、5グラム前後

このリ-ルのスプールには、8ldラインだとしたら、80m巻けます。ですから、軽いルアーを気にすることなく使うことができます。軽めルアーを使った感じとしては、普通のSVスプールを超えるくらいになると思います。具体的には、5グラム前後のミノーやシャッドをはじめ、3.5~5g程度のライトテキサスやダウンショット、ジグなどをタイトなポイントへ投げることができますし、あるいは、いつもより距離をおいて攻めることもやりやすくなります。

SV ライト リミテッドのインプレ

SVとエアの融合、軽快感抜群で、テンポよく釣りを

このリールの謳い文句は、「SVとエアの融合」と言われています。正にそのとおりで、軽量級のルア-から中量級のルアーまで、ストレスをかかえることなく飛んでいきます。特に、ピッチングをするときは、軽快で気持ちよく投げることができます。投げる→落とす→誘う→回収の繰り返しですが、リズムよく投げ続けるので、テンポよく釣りをすることができます。

また、ボートで使うときは、タ-ゲットの魚にプレッシャーを与えないように、遠くから狙いますが、スプールの持つ性能からか、少々遠くでも、狙ったポイントにルアーを落とすことができるようになりました。釣果アップが期待できます。

SV ライト リミテッドの評判

SVライトリミテッドは高評価

このリ-ルは、多くのアングラ-にバス釣りに使用され、評判を呼んでいます。具体的に述べると下記のようなことが挙げられます。

  • 総重量がベイトリールの中でも最も軽い。
  • ブレーキシステムが性能が高いため、他の機種よりバックラッシュしにくい。
  • マグネットブレーキであるが、軽いルアーを気持よく飛ばすことができる。
  • ギア比「6.3」はローギアのベイトリールであるが、かなりゆっくりなスピードで巻くことができるため、巻き系のルアーに大変適している。
  • ナイロンライン8lb(40m~80m)10lb(30m~65m)が巻ける。ベイトフィネス用で使われるリールとしては、巻けるラインの量は多い。太いラインが巻け、遠投が可能である。

SV ライト リミテッドのベイトフィネス

ベイトフィネスとはどんな釣り方なの?

この釣り方は、ベイトリールを使って軽めのルアーをアクションをかけ巧みに操って魚を釣ることです。5グラム以下の軽いルア-を使用し投げ釣りをしますが、この軽さだったら当然着水したときの音は小さくなりますから、ブラックバスの警戒心を軽減することができます。

NEXT ベイトフィネスのメリットは